POPSブログ

簡易SLICE-PHOTO/1

39

  Category:  jquery2012/03/01 pops 

簡易SLICE-PHOTO/1、画像をスライスして、エフェクトをくわえます。


簡易SLICE-PHOTO-1

pops-slicephoto01.js

スライス、サンプル表示



HTML構造を直接書きますが、残り画像はJS側スクリプトに記述します。

  • 簡易記述方式のJSです。読み込めば直ぐ実行します。
  • サイクルタイムは、JSで2種設定できます。書き換えてください。
    (スタートまでの時間、サイクル、スライドの時間など、画像の大きさ状況にあわせる)
  • JSで必要な設定をして上書き保存する。
  • 画像は個人で、5-10枚用意ください。
  • 画像名、画像までのパスはJSに記載します、随時ロード形式です。
    (その都度、画像をロードしますので、画像転送量を少し抑えることができます)
  • 画像の大きさで、CSSをも変更ください。
  • TOPページ用途です。複数の設置は原則できません。
  • IE8 はキレイに動作しません。Google Chrome を利用ください。

簡単な動作の説明

説明図


分割は自由ですが、基本的に正方形または、正方形に近いサイズになるように分割すればキレイです。
スライス要素の背景に、画像をスライスしたようにポジションで配置して、拡大縮小、スライド等の変化を加えます。画像自体は拡大縮小 はしません、表示領域が変わるだけ。いわゆるゴマカシです。
画像を配置するのは簡単ですが、旨く収まるように右側および下端部の寸法を適切に修正しています。
回転できませんが、それでもそれなりの効果はあります。表示、動作はマシンの性能が大きく関わりますので十分な注意が必要です。


簡単なスクリプト説明


スライス要素を必要なだけ作り、アペンドする。要素は使い回しです。
IDを#slice0.#slice1.#slice2.........として、キャッシュします。
操作を簡略するために、クラス名、slice_bkを与えています。

//スライス要素を作る
//make chip
var sliceboxs="";
for (var i=0; i < roop_v; i++) {
	sliceboxs += '<div id="'+ 'slice'+ i + '" class="slice_bk"></div>';
}
//append #slice_base
 $('#slice_base').append(sliceboxs);
//len
box_len = $('.slice_bk').length;

オブジェクトをslice_chips[i]にキャッシュしています。
//slice chips
for (var i=0; i < roop_v; i++) {
	slice_chips[i] = $("#slice"+i);
}

画像を分割したときポジションおよび大きさを算出しておきます。
背景画像をCSSで取り込み、ポジション* -1で簡単に収まります。画像の場合でも同じです。
//BACKGROUND-SET url
slice_chips[k].css({'width':slicebs_W[k],'height':slicebs_H[k],'background-image':'url('+ slice_url + ')'});
//BACKGROUND-SET position
slice_chips[k].css({'backgroundPosition':(slicebs_pos_x[k] * -1) + 'px ' + (slicebs_pos_y[k] * -1) + 'px'});

--------------------------------------------------------
jquery の delay()関数 を使用して、要素表示を操作しています。
そのために、パターン表示などが楽にできますが、反面難しいところがあります。

停止、開始ボタンなどをつけた場合は、アニメが完全に終了してから、機能するような
仕組みを作って操作してください。途中でアニメ停止は出来ません。delayの値が残りアニメが乱れたり
操作不能におちいります。解決方法はあるかとは思いますが、、

--------------------------------------------------------
スライスアニメ終了の判定。
変数、sliceflag を加算して「アニメ終了」の判定をして、終了処理に行っています。

アニメ途中の判定。
表示処理に入ったら、変数、anime_move = 'move' を与え、判定の基準にしています。
あわせてボタンなど押されさたら、バッファに保存して、変数、anime_move なりとの総合
判定で、処理する仕組みが必要です。

今回停止、開始ボタンなど在りませんので、この仕組みはありません。


delay()関数、旨く使用すると、大変便利です。


処理しているところ、delay_st[k]に遅延時間を計算で入れているだけです。
i、j、split_h、split_v、split_total、k、の値などを利用して旨く時間を入れて
要素を制御します、
flag3 は交互に-1、1、の数値が入りますので、交互に遅延させる場合利用します。
1つの方向からのパターンを作り、delay反転で簡単に逆にできます。シャッフルなども
可能です。アイデア次第、、、

//Even算出
var even_v = 1;
if (split_v % 2 != 0) {even_v = 0;}

//delay-SET/delay_no
var flag3 = 1;
var kk = 0;//方向違いカウント
var kkk = 0;//半分でカウントダウン
var k = 0;
for (var i=0; i < split_h; i++) {
	for (var j=0; j < split_v; j++) {

		//縦方向にカウント
		kk = i * split_v + j;

		最初は加算して、中央にきたら減算している

		kkk=k;
		if (k > (split_total-1)/2) {kkk = Math.abs(split_total-k)-1;}

		適当に値を利用してdelay値をえる

		if (delay_no == 0) {delay_st[k] = k*delay_speed;}
		if (delay_no == 1) {delay_st[k] = kk*delay_speed;}
		if (delay_no == 2) {delay_st[k] = Math.abs(k-split_total/2) * delay_speed;}
		//外から
		if (delay_no == 3) {delay_st[k] = kkk*delay_speed;}

		ありきたりの斜めパターン
		//if (delay_no > 3) {delay_st[k] = (i+j)*delay_speed;}

		//IE対策、斜めパターン、微妙に時間をずらす
		if (delay_no > 3) {delay_st[k] = (i+j+k/split_total/4)*delay_speed;}

		どんなスライスでも市松の関係を作れる
		//delayed遅延
		if (delayed == 1) {
			if (flag3 < 0) {delay_st[k] +=500;}
		}

		k ++;
		flag3 *= -1;

	}
	if (even_v) {flag3 *= -1;}
}

配列に保存しているから簡単に逆転できる

//delay反転
if (chgxyflag > 2) {
	delay_st.reverse();
}

ループ i.j のネストは、上記の関係で無いと崩れるので、注意。

--------------------------------------------------------
アニメをIN、OUT共用にしています
INだけにするなら

animate({'width':slicebs_W[k],'height':slicebs_H[k],'top':slicebs_pos_y[k],'left':slicebs_pos_x[k]})...........
となります

INの場合は新しい画像を上層にセット、OUTなら下層画像のURLを取得して上層にセット。
アニメ処理終了後に、上層を非表示にする。ゴマカシ処理です。

設置方法

簡易JS記述、間違いの少ない、setTimeout の通常方式で記述しています。なお、設置するページが違えば、別画像ででも使用できま すが、画像の大きさが違えば別のCSS名で新たに作ってリンクしてください。


[ HTML構造を作る ]
以下のように構造を作ってください。ID は #pops_slice_photo です。


<div id="pops_slice_photo">
	<div id="slice_box">
		<div id="s_imgholder"><img src="/main/images/photo_m1.jpg" width="640" height="200"  /></div>
		<div id="slice_base"></div>
		<div id="s_loading"></div>
		<div id="view_text"></div>
	</div>
</div>

注意、最初の画像を #s_imgholder に書き込んでください。また全画像はJSに登録します。


[ 使用方法 ]、JSを読み込むだけで実行します。またHEAD部分に直接記述しても実行します。
注意、関数、delay()を使用していますので、jquery1.42以降のバージョンで作動します。


読み出す場合
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="/main/css/pops-slicephoto01.css" />
<script type="text/javascript" src="/main/js/jquery.js"></script>
<script type="text/javascript" src="/main/js/pops-slicephoto01.js"></script>

----------------------------------------------------------------

HEAD部分に直接JSを記述する場合
<script type="text/javascript">
	ここにJS部分を直接記述
</script>

JS、CSS、Loading画像

JS pops-slicephoto01.js 通常方式

同一のループを何段にも重ねていますが、勿論1つのループで処理は可能ですが、正確なdelay値をアニメで処理させるため に、あえて分割しています。マシン環境により正確にdelay値を送出できるとは限りません。ActinScriptなどとは同一に出来ません。中に は使用していない変数もあります。


//pops-slicephoto01.js
//setTimeout loading 通常方式
//POPS WEB KOUBOU

(function($){

	$(function(){

		var bs_W = 640;
		var bs_H = 200;
		var split_h = 12;
		var split_v = 4;
		var split_total = split_h*split_v;

		var first_time = 12000;//スタートまでの時間、5000以上 
		var cycle_time = 8000;//サイクル 5000以上
		var speed = 600;//拡大縮小時間 400-1000
		var delay_speed = 200;//delay基準時間 100-200
		//TEXT表示
		var text_use="";//use

		//画像までのパス
		var path='/main/images/';
		//画像名を登録する
		var img_urls=['photo_m1.jpg','photo_m2.jpg','photo_m3.jpg','photo_m4.jpg'];
		var list_len=img_urls.length;

		//jQueryObjectCache
		var imgholder_elm,transition_base_elm,slicebase,cleaner_elm;
		var img_url,img_url2,loading,thumbshowbox;
		var imgPreloader;//opela

		//chash
		transition_base_elm = $('#slice_box');
		imgholder_elm = $('#slice_box #s_imgholder');
		slicebase = $('#slice_box #slice_base');
		loading = $('#slice_box #s_loading');

		var count = 0;
		var img_url = "";
		var keep_url = "";

		//slice-OBJ
		var slice_chips = [];
		//slice in
		var slicebs_pos_x = [],slicebs_pos_y = [],slicebs_W = [],slicebs_H = [];
		var slice_W = 0,slice_H = 0,slice_Wb = 0,slice_Hb = 0;

		//IN OUT
		var in_type_nm = ['in','out','in','out','in','out'];

		//移動位置配列
		var mv_posX = [];
		var mv_posY = [];

		var sliceflag = 0;
		var anime_move = "";
		var box_len;
		var box_len2;
		var delayflag = 0;

		//global
		var gl_roop_v = 0;
		//Even算出
		var even_v = 1;
		if (split_v % 2 != 0) {even_v = 0;}

		//------------------------------------------------

		//init
		var init = function () {

			//loading-Set
			loading.css({'width':bs_W,'height':bs_H,'display':'none'});
			//sliceBox非表示
			slicebase.css({'display':'none'});

			var roop_v = split_total;
			//global
			gl_roop_v = roop_v;

			//スライス要素を作る
			//make chip
			var sliceboxs="";
			for (var i=0; i < roop_v; i++) {
				sliceboxs += '<div id="'+ 'slice'+ i + '" class="slice_bk"></div>';
			}
			//append #slice_base
 			$('#slice_base').append(sliceboxs);
			//len
			box_len = $('.slice_bk').length;
			//slice chips
			for (var i=0; i < roop_v; i++) {
				slice_chips[i] = $("#slice"+i);
			}
			slicebase.find(".slice_bk").css({'display':'none'});

			//slice-set
			slice_set()

			//最初の画像をINNER画像BOX1にセット表示する
			keep_url=path+img_urls[count];
			//次ぎの画像の番号セット
			count = 1;

			//START Main-timer-set
			window.setTimeout(nextImage,first_time);

		}

		//slice-set
		function slice_set() {

			//スライス
			slice_W = Math.round(bs_W/split_h);//YOKO
			slice_H = Math.round(bs_H/split_v);//TATE
			slice_Wb = bs_W - slice_W * (split_h - 1);
			slice_Hb = bs_H - slice_H * (split_v - 1);

			var k = 0;
			for (var i=0; i < split_h; i++) {
				for (var j=0; j < split_v; j++) {
					//大きさ保存
					slicebs_W[k] = slice_W;
					if (i == split_h - 1) {slicebs_W[k] = slice_Wb;}
					slicebs_H[k] = slice_H;
					if (j == split_v - 1) {slicebs_H[k] = slice_Hb;}
					//位置保存
					slicebs_pos_x[k] = slice_W * i;
					slicebs_pos_y[k] = slice_H * j;

					k ++;
				}
			}
		}

		//sliceImage-view関数
		function sliceImage (){

			anime_move = 'move';
			set_text("");

			//delayクリア
			var delay_st=[];

			//多目的判定用
			var chgxyflag = Math.floor(Math.random() * 5);
			//多目的判定用2 追加
			var chgflag = Math.floor(Math.random() * 2);
			//delayed遅延させる/20%
			var delayed = Math.floor(Math.random() * 5);
			//IN OUT
			var slice_move_type = in_type_nm[Math.floor(Math.random() * in_type_nm.length)];
			//標準delay_no 0-7
			var delay_no = Math.floor(Math.random() * 7);

			//url
			var slice_url = img_url;
			//OUTは下層画像URL取得
			if (slice_move_type == 'out') {slice_url = imgholder_elm.children("img").attr('src');}

			//BOX欄外移動
			slicebase.css({'top':0,'left':0,'width':bs_W,'height':bs_H});

			//背景画像挿入
			var k = 0;
			for (var i=0; i < split_h; i++) {
				for (var j=0; j < split_v; j++) {
					slice_chips[k].css({'left':slicebs_pos_x[k]});
					slice_chips[k].css({'top':slicebs_pos_y[k]});
					//BACKGROUND-SET url
					slice_chips[k].css({'width':slicebs_W[k],'height':slicebs_H[k],'background- image':'url('+ slice_url + ')'});
					//BACKGROUND-SET position
					slice_chips[k].css({'backgroundPosition':(slicebs_pos_x[k] * -1) + 'px ' +  (slicebs_pos_y[k] * -1) + 'px'});

					k ++;
				}
			}

			//chips-display
			slicebase.find(".slice_bk").css({'display':'block'});

			if (slice_move_type == 'out') {imgholder_elm.children("img").empty().attr({'src':img_url}).css ({'display':'block'});}

			//初期の大きさ-SET
			var pos_sx = 0;
			var pos_sy = 0;
			var k = 0;
			for (var i=0; i < split_h; i++) {
				for (var j=0; j < split_v; j++) {

					//XY
					//その場中心補正、実際には場所をずらして中心補正をしているようにみせかけて要る
					pos_sx = slicebs_pos_x[k] + Math.floor(slicebs_W[k] / 2);
					pos_sy = slicebs_pos_y[k] + Math.floor(slicebs_H[k] / 2);

					if (slice_move_type == 'in') {slice_chips[k].css ({'top':pos_sy,'left':pos_sx,'width':0,'height':0});}
					//outはcss移動なし、大きさそのまま
					if (slice_move_type == 'out') {
						//移動位置配列に位置保存
						mv_posX[k]=pos_sx;
						mv_posY[k]=pos_sy;
					}

					k ++;
				}
			}

			//delay-SET/delay_no
			var flag3 = 1;
			var kk = 0;//方向違いカウント
			var kkk = 0;//半分でカウントダウン
			var k = 0;
			for (var i=0; i < split_h; i++) {
				for (var j=0; j < split_v; j++) {

					//縦方向にカウント
					kk = i * split_v + j;

					kkk=k;
					if (k > (split_total-1)/2) {kkk = Math.abs(split_total-k)-1;}

					if (delay_no == 0) {delay_st[k] = k * delay_speed;}
					if (delay_no == 1) {delay_st[k] = kk * delay_speed;}
					if (delay_no == 2) {delay_st[k] = Math.abs(k-split_total/2) * delay_speed;}
					//外から
					if (delay_no == 3) {delay_st[k] = kkk*delay_speed;}
					//IE対策、本来は(i+j)
					if (delay_no > 3) {delay_st[k] = (i+j+k/split_total/4) * delay_speed;}
					//delayed遅延
					if (delayed == 1) {
						if (flag3 < 0) {delay_st[k] +=500;}
					}

					k ++;
					flag3 *= -1;

				}
				if (even_v) {flag3 *= -1;}
			}

			//delay反転
			if (chgxyflag > 2) {
				delay_st.reverse();
			}

			var text="SPLIT: " + split_total + " /IN.OUT "+ slice_move_type + " /DELAY " + delay_no + "";
			set_text(text);
			//set_text("START");

			//BOX 0.0移動
			slicebase.css({'top':0,'left':0});
			slicebase.css({'display':'block'});

			//アニメ実行、IN OUT 共用にして、取替え用変数
			var anim_W,anim_H,anim_X,anim_Y;
			//スライスアニメカウント
			sliceflag = 0;
			var k = 0;
			for (var i=0; i < split_h; i++) {
				for (var j=0; j < split_v; j++) {

					//IN OUT 差し替え
					if (slice_move_type == 'in') {anim_W=slicebs_W[k];anim_H=slicebs_H [k];anim_Y=slicebs_pos_y[k];anim_X=slicebs_pos_x[k];}
					if (slice_move_type == 'out') {anim_W=0;anim_H=0;anim_X=mv_posX[k];anim_Y=mv_posY [k];}

					//anime/IN OUT共用
					slice_chips[k].delay(delay_st[k]).animate ({'left':anim_X,'top':anim_Y,'width':anim_W,'height':anim_H},speed,function() {
						sliceflag ++;
						//goto slice_image_parts
						if (sliceflag == split_total) {slice_image_parts();}
					});
					k ++;
				}
			}

		};

		//end-anime
		function slice_image_parts() {
			sliceflag = 0;
			imgholder_elm.children("img").empty().attr({'src':img_url}).css({'display':'block'});

			slicebase.css({'left':bs_W,'display':'none'});	
			anime_move = '';

			//keep-url
			keep_url=img_url;
			//cycle-time
			setTimeout(nextImage,cycle_time);
		};

		//NEXT
		function nextImage() {
			//カウントアップ
			count++;
			if (count > list_len-1) {count = 0;}
			//imgタグに入れる、URL取得
			img_url = path+img_urls[count];
			imgload ();
		}

		//imgPreloader
		var imgload = function() {
			//loading
			loading.css({'display':'block'});
			//set-imgPreloader
			imgPreloader = new Image();
			//onload
			imgPreloader.onload = function() {
				//loading
				loading.css({'display':'none'});
				sliceImage();
			}
			//url
			imgPreloader.src = img_url;
		}

		//set-text
		function set_text(text) {
			if (text_use == 'use') {
				$('#view_text').text(text);
			}
		}

		//init start
		init();

	});

})(jQuery);

Loading画像 31x31



CSS pops-slicephoto01.css


/* pops-slicephoto01.css 日本語*/

#pops_slice_photo {
	display:block;
	position:relative;
	width:640px;
	height:200px;
	background-color:#000000;
}
#pops_slice_photo #slice_box {
	display:block;
	position:absolute;
	top:0;left:0;
	width:640px;
	height:200px;
	background-color:#000000;
	overflow:hidden;
}

#slice_box #s_imgholder {
	display:block;
	position:absolute;
	top:0;left:0;
	width:640px;
	height:200px;
	padding:0;
	margin:0;
	border-style:none;
	background-color:#000000;
}
#slice_box #s_imgholder img {
	padding:0;
	margin:0;
	border-style:none;
	text-decoration:none;
}

#slice_box #slice_base {
	display:block;
	position:absolute;
	top:0;left:0;
	overflow:hidden;
}
#slice_box #slice_base .slice_bk {
	position:absolute;
	background-position: 0 0;
	top:0;left:0;
	overflow:hidden;
}
#slice_box #s_loading {
	display: block;
	position:absolute;
	top:0;left:0;
	border:0;
	background: url("/main/images/loading.gif") no-repeat center center;
	background-color: none;/*Safari*/
}
#slice_box #view_text {
	display:block;
	position:absolute;
	top:5px;left:5px;
	width:80%;
	height:20px;
	color:#FF0000;
}

以上です。



[ この記事のURL ]


タグ:series , photo , Transition , jquery

[ 簡易SLICE-PHOTO シリーズ記事 ]

簡易SLIDESHOW/42012.03.14
簡易SLIDESHOW/32012.03.13
簡易SLIDESHOW/22012.03.12
簡易TRANSITION-PHOTO/42012.03.09
簡易SLICE-PHOTO/72012.03.05
簡易SLICE-PHOTO/62012.03.05
簡易SLICE-PHOTO/52012.03.04
簡易SLICE-PHOTO/42012.03.03
簡易SLICE-PHOTO/32012.03.02
簡易SLICE-PHOTO/22012.03.02
簡易SLICE-PHOTO/12012.03.01

 

ブログ記事一覧

年別アーカイブ一覧



[1]