POPSブログ

CreateJS 角丸RoundRect 画像埋め込みボタンのactive時背景色を変える(最新)

326

  Category:  javascript2014/11/06 pops 

複数の画像埋め込みボタンを配置して、active時のボタン背景色などを変えます。
但し、ボタンにクロスドメインのサムネール画像を埋め込んだ場合には、Canvas表示のためSecurity上の理由でリンクは機能しませんので、画像は原則、サイト内より読み込んで使用します。
easeljs-0.7.1 でのテストです。

 

CreateJS 角丸RoundRect 画像埋め込みボタンのactive時背景色を変えるテスト

以前にも同じものを掲載していますが、activeの場合にボタン背景色を変更はしていませんでした。
今回は背景色(デモではライン)を変更してみます。余り判らないと思いますが以前と比較して内部的には処理し易いよう進化はあります。


 

DEMO


CreateJS 角丸RoundRect 画像埋め込みボタンのactive時背景色を変える(最新)デモ

このページはHTML5では有りませんので、デモページでご覧ください。「IE7.8」ではご覧いただけません。
/// 注意、ブラウザ、マシン性能により描画品質などに大きな差が有ります事了承下さい ///



Chrome Opera Firefox Safari(Win) IE9-11で動作確認済み。 Safari(Mac)、は未確認です。


 

HTML JS CSS


使用するライブラリ

easeljs preloadjs tweenjs

配布元 : CreateJS createjs.com


ライブラリの読み込み

ダウンロードしたJSを使用する場合。記述は一例です。(バージョン 0.7.1 使用)


<script type="text/javascript" src="js/easeljs-0.7.1.min.js"></script>
<script type="text/javascript" src="js/preloadjs-0.4.1.min.js"></script>
<script type="text/javascript" src="js/tweenjs-0.5.1.min.js"></script>

重要、バージョン違いでは動かない場合が有りますので必ず合わせて下さい。


HTML (HTML5)


<div id="demo-wrap">
	<div id="image-box" class="radius">
		<canvas id="mainCanvas" width="640" height="300"></canvas>
	</div>
	<div id="btn-box">
		<canvas id="subCanvas" width="640" height="50"></canvas>
	</div>
</div>

JS

createJS109.js、JS名は任意に変更可。注意、easeljs-0.7.1用です。


//日本語
//createJS109.js
//新、角丸画像ボタンと画像スライドのテスト
//easeljs-0.7.1 デモ用

//------------------------------------------------------
//初期設定

var speed=1000;//拡大移動、アニメ速度
var delay_speed=2000;//1000-5000最初の遅延用に使用
var slide_time;//未使用

//canvasの大きさ/全てこの値を使用
var canvasWidth=640;
var canvasHeight=300;

//タイマーの使用/常時使用、判定なし
var timer_use;
//タイマー値 5000-10000
var time=8000;

//clickbtnの使用 useのこと
var clickbtn_use="use";
//Loading AUTOの文字を表示するかuse
var text_use="use";

//サムネールボタンの大きさ
var btnW=60;//幅
var btnH=28;//高さ
var btnR=5;//角丸半径
//ボタン間の間隔
var btnSpace=10;

//画像manifestリスト
var manifest=[
{src:"/main/images/flight01.jpg",id:"PHOTO"},
{src:"/main/images/flight02.jpg",id:"PHOTO"},
{src:"/main/images/flight03.jpg",id:"PHOTO"},
{src:"/main/images/flight04.jpg",id:"PHOTO"},
{src:"/main/images/flight05.jpg",id:"PHOTO"},
{src:"/main/images/flight06.jpg",id:"PHOTO"}
];

//最初の画像0のこと
var image_no=0;
//画像数
var image_max;

//------------------------------------------------------

//ステージ
var stage,stage2;
//Loader
var loader;
//コンテナ
var container,backcontainer,loadingcontainer,progresscontainer;
var btncontainer;//stage2
//画像
var welcomeImage,mainImage,backImage,topImage;
//Loading関連
var loadingShape,progressbar,progtext,bar_v;
//TEXT
var viewtext;

//読み込み画像の大きさcanvasと同じ
var imageW=canvasWidth;
var imageH=canvasHeight;

//ボタンが押された/有効
var btnValidity=false;

//読み込み画像result保存容器
var assets=[];

//変数
var globalflag=false,timerID=null;
//loading変数
var loading=false;

//shadowフィルター
var shadow=new createjs.Shadow("#000000",0,0,4);
var once=true;
//ボタン
var myBtn=[];
var labels=["BOTTUN1","BOTTUN2","BOTTUN3"];//未使用
var pos_dx=[0,0,0,1,-1,0,0];
var pos_dy=[0,0,0,0,0,1,-1];

//ステージ周りセット
function init() {

	//ステージ
	stage=new createjs.Stage('mainCanvas');
	//ステージ2
	stage2=new createjs.Stage('subCanvas');
	//MouseOver重要
	stage2.enableMouseOver(20);

	//バックRect/最下位色背景層、無くとも良い
	var backrect=new createjs.Shape();
	backrect.graphics.beginFill("#000000").drawRect(0,0,canvasWidth,canvasHeight);
	stage.addChild(backrect);

	//welcome画像層画像表示
	welcomeImage=new createjs.Bitmap("/main/images/yakei.png");
	stage.addChild(welcomeImage);

	//下画像層、空画像コンテナを作る
	backcontainer=new createjs.Container();
	backImage=new createjs.Bitmap();
	backcontainer.addChild(backImage);
	stage.addChild(backcontainer);
	
	//上画像層、空コンテナを作る
	container=new createjs.Container();
	topImage=new createjs.Bitmap();
	container.addChild(topImage);
	stage.addChild(container);

	//loadingコンテナを作る
	loadingcontainer=new createjs.Container();
	stage.addChild(loadingcontainer);
	//LOADINGを作る
	loadingShape=loadingIndicator();
	loadingShape.x=canvasWidth/2;
	loadingShape.y=canvasHeight/2;
	//tickを設定
	loadingShape.tick=function (){
		if(loading) {
			loadingShape.rotation +=5;
		}
	}
	//loading addEventListenerを設定
	createjs.Ticker.addEventListener('tick',loadingShape.tick);
	//コンテナに貼り付け
	loadingcontainer.addChild(loadingShape);
	loading=true;//loading表示判定

	//ProgressBar
	progresscontainer=new createjs.Container();
	progressbar=new createjs.Shape();
	progtext=new createjs.Text("0","12px Arial","#FFFFFF");
	progtext.x=0;
	progtext.y=15;
	progtext.maxWidth=80;
	progtext.textAlign="center";
	progtext.shadow=shadow;//shadow
	//alpha
	progressbar.alpha=0.5;

	//bar_v判定tickを設定(butt round)
	//90度是正-Math.PI/2
	progressbar.tick=function (){
		if(bar_v > 0) {
			progressbar.graphics.clear();
			progressbar.graphics.setStrokeStyle(8,"butt").beginStroke("#FF69B4");
			progressbar.graphics.arc(0,0,40,-Math.PI/2,Math.PI*2*bar_v-Math.PI/2);
			progtext.text=Math.floor(bar_v*100);
			stage.update();
		}
	}
	//Ticker.Listener設定
	createjs.Ticker.addEventListener('tick',progressbar.tick);
	//addChild
	progresscontainer.x=canvasWidth/2;
	progresscontainer.y=canvasHeight/2;
	progresscontainer.addChild(progressbar,progtext);
	stage.addChild(progresscontainer);

	//ステージ2ボタンコンテナ、ボタンはあとで作る
	btncontainer=new createjs.Container();
	btncontainer.x=0;
	btncontainer.y=20;
	//ボタンコンテナをステージ2にaddChild
	stage2.addChild(btncontainer);
	createjs.Ticker.addEventListener('tick',tick2);
	stage2.update();

	//簡易TEXT
	viewtext=new createjs.Text("","12px Arial","#FFFFFF");
	viewtext.x=20;
	viewtext.y=15;
	viewtext.maxWidth=canvasWidth-40;
	viewtext.lineHeight=20;
	viewtext.textBaseline="bottom";
	viewtext.shadow=shadow;//SHADOW処理
	stage.addChild(viewtext);
	set_text("Loading Now!");

	stage.update();

	//Ticker設定
	createjs.Ticker.setFPS(30);
	createjs.Ticker.addEventListener('tick',tick);

	//調整
	setTimeout(function() {

		//画像ロードに進む
		bulkload();
	},1000);

}

//progressBar
function progress(event) {

	//loadedのみ効く
	bar_v=event.loaded;
}

//bulk-load、画像一括ロード
function bulkload() {

	//Loaderを作る
	loader=new createjs.LoadQueue(false);
	//全体、progressがあれば先に設定
	loader.addEventListener("progress",progress);

	//loader EventListener設定
	loader.addEventListener("fileload",fileload);
	loader.addEventListener("complete",complete);
	//Manifestを使用、manifest読み込み開始
	loader.loadManifest(manifest);

}

//各画像読み込み完了
function fileload (event) {

	var id=event.item.id;
	//画像選別
	if (id == 'PHOTO') {
		//エラー無しの画像をassets容器に保存
		assets.push(event.result);
	}
}
//全ての画像読み込み完了
function complete (event) {

	//画像数確認、再計算
	image_max=assets.length;
	//簡易TEXT
	set_text("Loading End!")
	//loader Listener削除
	loader.removeEventListener("fileload",fileload);
	loader.removeEventListener("complete",complete);

	//loading EventListener削除
	createjs.Ticker.removeEventListener('tick',loadingShape.tick);
	//非表示でも良い
	loadingcontainer.visible=false;
	loading=false;//loading表示判定

	//Create-Bottunボタンを作る
	if (clickbtn_use == 'use') {
		for (var i=0; i < image_max; i++) {

			//サムネール
			var img=createImgCanvas(btnW,btnH,assets[i]);
			//番号受け渡し
			var no=i;
			//create-サムネールボタン
			//X、Y、幅、高さ、角丸半径、色、画像、番号
			myBtn[i]=createThumbCenterbtn (0,0,btnW,btnH,btnR,"#FF0000",img,no);

			myBtn[i].cursor="pointer";
			//ボタン間隔ステージ用
			//ステージ2用
			myBtn[i].x=i*(btnW+btnSpace);
			//ボタン判別用のidを書き込む、未使用
			myBtn[i].id=i;

			//クリックアクション
			myBtn[i].on("click",handleclick,null,false,i);
			//myBtn addChild
			btncontainer.addChild(myBtn[i]);

		}

		//ボタンコンテナを中央に修正
		var btncont_x=(canvasWidth-((btnW+btnSpace)*(image_max-1)-btnSpace))/2;
		btncontainer.x=btncont_x;
		stage2.update();
	}

	//画像があれば、最初の画像表示
	if (image_max) {

		//早すぎるので調整
		setTimeout(function() {

			//遅延progressbar最後の前にcompleteが反応する
			event.target.removeEventListener("progress",progress);
			//progressTicker削除
			createjs.Ticker.removeEventListener('tick',progressbar.tick);
			//progress非表示
			progresscontainer.visible=false;

			//簡易TEXTクリア
			set_text("");
			//viewtext.visible=false;

			//画像表示に進む
			draw();

		},delay_speed);
	}
}

//DRAW、アニメ
function draw() {

	globalflag=false;

	//AUTO文字表示/ボタン有効判定
	if (!btnValidity) {
		set_text("AUTO");
	};

	//activeボタン変更
	if (clickbtn_use == 'use') {
		for (var i=0; i < image_max; i++) {

			//Active背景処理
			var target2=myBtn[i].getChildByName("aline");
			target2.visible=false;
			if(i == image_no) {target2.visible=true;}
		}
		stage2.update();
	}

	//MODE
	var mode=1;
	//位置データ
	var rno=Math.floor(Math.random()*pos_dx.length);
	//移動
	var px = pos_dx[rno];
	var py = pos_dy[rno];
	if (px+py == 0) {mode=0;}//移動なし

	//最初は強制FADE
	if(once) {
		mode=0;
		once=false;
	}

	//画像result取得/Tween後も使用する
	mainImage=assets[image_no];

	//上画像更新画像Bitmap挿入、中央補正なし回転は出来ない
	topImage.image=new createjs.Bitmap(mainImage).image;
	if (mode == 0) {
		//FADE透明度0
		topImage.alpha=0;
		topImage.x=0;
		topImage.y=0;
	} else {
		//SLIDE
		topImage.alpha=1;
		topImage.x=canvasWidth*px;
		topImage.y=canvasHeight*py;
	}

	//TWEENの実行
	var tw=createjs.Tween.get(topImage)
	.to({x:0,y:0,alpha:1},speed)
	.wait(200)
	.call(finshtween);

}

//フェードアニメ完了
function finshtween () {

	//ボタン有効解除
	btnValidity=false;

	//Tween全てが完了してから下画像表示
	backImage.image=new createjs.Bitmap(mainImage).image;

	//上画像に空Bitmap挿入
	topImage.image=new createjs.Bitmap();
	stage.update();

	//アニメ作業中である、現在は未使用
	globalflag=true;

	//画像処理に時間がかかるので、少し遅延させる、あったほうが良い
	setTimeout(function() {

		//タイマー常時使用
		set_timer();

	},500);

}

//tickステージ
function tick() {
	stage.update();
}
//tick2ステージ2
//アニメなどなければ特別いらないようだ、ボタンでupdateしているから
function tick2() {
	//stage2.update();
}

//次ぎの開く要素を計算
function next_set() {

	//次ぎの番号
	image_no +=1;
	if (image_no > (image_max-1)) {image_no=0;}
	draw();

}

//タイマー
function set_timer() {

	//一旦切ってからセット
	clearTimeout(timerID);
	timerID=setTimeout(next_set,time);
}

//VIEWTEXT
function set_text(t) {
	if (text_use=='use') {
		viewtext.text=t;
	}
}

//BtnClick
function handleclick (event,no) {
	//アニメ中は機能しない
	if (!globalflag) {return;}

	var hit_no=no;
	//表示中番号なら戻る
	if (hit_no == image_no) {

		return;

	} else {

		//ボタン有効/AUTO文字書き換え
		btnValidity=true;
		viewtext.text="";
		//タイマー強制停止
		clearTimeout(timerID);
		//指定番号の画像表示
		image_no=hit_no;
		draw();

	}
}

//create-サムネールボタン
//X、Y、幅、高さ、角丸半径、色、画像、番号
function createThumbCenterbtn (x,y,w,h,r,acolor,img,no) {

	//BTNコンテナ
	var btn=new createjs.Container();
	btn.x=x;
	btn.y=y;
	var s=new createjs.Shape();
	//角丸画像挿入
	s.graphics.beginBitmapFill(img).drawRoundRect(x,y,w,h,r);
	s.name="graphic";//name挿入
	//原点移動、グラフイックを容易にするため
	s.regX=w/2;
	s.regY=h/2;
	//Activeライン
	var activeline=new createjs.Shape();
	//隠れるのでライン幅が広い
	activeline.graphics.ss(3).s(acolor).beginFill("#000000").drawRoundRect(x,y,w,h,r);
	activeline.name="aline";//name挿入
	//原点移動
	activeline.regX=w/2;
	activeline.regY=h/2;
	activeline.visible=false;//一旦非表示
	btn.addChild(activeline,s);
	btn.shadow=shadow;

	return btn;
}

//幅、高さ、画像
function createImgCanvas(w,h,patternimg) {
	//Box
	var canvas=document.createElement("canvas");
	//指定の大きさになる
	canvas.width=w;
	canvas.height=h;
	var ctx=canvas.getContext("2d");
	ctx.drawImage(patternimg,0,0,w,h);

	return canvas;
}

//色付きcanvasを作る
function createColorCanvas (w,h,c) {
	var canvas=document.createElement("canvas");
	canvas.width=w;
	canvas.height=h;
	var ctx=canvas.getContext("2d");
	ctx.fillStyle=c;
	ctx.fillRect(0,0,w,h);
	return canvas;
}

//簡単なLOADING
function loadingIndicator(){

	//graphicのスタイル
	var graphics=new createjs.Graphics();
	graphics.setStrokeStyle(2,"round").beginStroke("#CCCCCC");//round

	//描画データ
	var cx,cy,
	numNeedles=12,
	innerR=10,
	outerR=5,
	cAngle= -Math.PI/2,
	nAngle;

	//ライン描画
	nAngle=Math.PI*2/numNeedles;
	for (var i=0; i < numNeedles; i++){
		cAngle +=nAngle;
		cx=Math.cos(cAngle)*innerR;
		cy=Math.sin(cAngle)*innerR;
		graphics.moveTo(cx,cy);
		cx=Math.cos(cAngle)*outerR;
		cy=Math.sin(cAngle)*outerR;
		graphics.lineTo(cx,cy);
	}
	//Shapeに格納
	var s=new createjs.Shape(graphics);
	return s
}

//START
init();

注釈文を削除すれば、幾分早くなります。未使用の関数なども含みます。
画像使用の場合、登録画像パスは当方の例です。使用の際は環境に合わせて下さい。


CSS

createJS109.css、CSS名は任意に変更可


/*日本語 createJS109.css*/

#demo-wrap {
position:relative;
width:auto;
height:350px;
text-align:center;
}

#image-box {
/*position:absolute;*/
position:relative;
top:0;left:0;
width:640px;
height:300px;
padding:0;
margin:0 auto;
box-shadow:0 0 10px #000;
-moz-box-shadow:0 0 10px #000;
-webkit-box-shadow:0 0 10px #000;
-o-box-shadow:0 0 10px #000;
-ms-box-shadow:0 0 10px #000;
background-color:#000000;
}

#image-box #mainCanvas {
border-radius:10px;
}
#btn-box {
width:640px;
height:50px;
margin:10px auto;
padding:0;
}

.radius {
border-radius:10px;
-moz-border-radius:10px;
-webkit-border-radius:10px;
-o-box-border-radius:10px;
-ms-border-radius:10px;
}

当方のサンプルの例です。


 

簡単な説明


[説明図]

「activeボタンの色を変える」ですが、以前のものは簡単にする為「ACTIVEなボタン」の上にグラフイックインスタンスを移動して重ねていましたが、今回は直接ボタン背景色などを塗り替えますので処理が幾分増えます。
「デモ」ではボタンにサムネール画像を埋め込んだ状態で表示しますので、「前ページ」の様に、特に「サムネール画像」として別途に表示はしていません。
画像はサイト内にあるために、ボタンの「クリックアクション」は機能します。


1. 画像はスライドまたはフエードします。原則、自動で順次表示します。
2. ボタンでの操作も可能です。ACTIVEなボタン背景(またはライン)を塗り替えます。
3. ボタンはCanvas表示のためクロスドメインの場合はSecurity上の理由でリンクは機能しません。
(クロスドメイン画像を入れなければ、ボタンとして機能する、これはブラウザ共通の仕様です)
5. Chrome表示の場合不具合がありますので修正しています。
6. ボタンを並べて、グループで中央に配置する場合に計算しやすい。
7. ボタンは下に別ステージ(stage2)を作り配置しています。


 

ACTIVE時ボタンのライン色を変える(通常処理)


ボタンの原点を中央に補正していますが、グラフイックを描き易いようにしています。ボタンを画像で塗る場合も都合の良いようにしました。


1. ボタンはグラフイックにサムネール画像を埋め込んで作成しています。
2. 下層のグラフイックは、regXY、で中央に補正しています。
3. ボタンは「角丸陰影」処理した方が綺麗である。
4. 画像は原則、サイト内より読み込んで使用していますので、ボタンに「クリックアクション」を設定しています。但し、クロスドメイン画像の場合は「クリックアクション」は機能しないので注意ください。


ライン色変更

デモでは、画像の下に配置したラインを表示、非表示の切り替えでactiveを区別しました。
その他、画像の透明度を変更する、スケールを変更するなどの表現はアイデア次第でしょう。


● ライン非表示の切り替え変更




//DRAW、アニメ
function draw() {

	略す

	//activeボタン変更
	if (clickbtn_use == 'use') {
		for (var i=0; i < image_max; i++) {

			//Active背景処理
			var target2=myBtn[i].getChildByName("aline");
			target2.visible=false;
			if(i == image_no) {target2.visible=true;}
		}
		stage2.update();
	}

	略す

}

● 画像透明度の変更

画像透明度の変更の場合は、以下の様に書き換えます。画像下の背景グラフイックの色は黒ですが、白でも構いません。また透明度も変更すれば見た目が違ってきますので、サムネールが見易いように調整します。




myBtn[i]=createThumbCenterbtn (0,0,btnW,btnH,btnR,"#000000",img,no);

---------------------------------------------------------------------------

	//activeボタン透明度変更
	if (clickbtn_use == 'use') {
		for (var i=0; i < image_max; i++) {

			//Active背景処理
			var target2=myBtn[i].getChildByName("graphic");
			if(i == image_no) {target2.alpha=1.0;}
			else {target2.alpha=0.3;}
		}
		stage2.update();
	}

---------------------------------------------------------------------------

//create-サムネールボタン
//X、Y、幅、高さ、角丸半径、色、画像、番号
function createThumbCenterbtn (x,y,w,h,r,acolor,img,no) {

	//BTNコンテナ
	var btn=new createjs.Container();
	btn.x=x;
	btn.y=y;
	var s=new createjs.Shape();
	//角丸画像挿入
	s.graphics.beginBitmapFill(img).drawRoundRect(x,y,w,h,r);
	s.name="graphic";//name挿入
	//原点移動、グラフイックを容易にするため
	s.regX=w/2;
	s.regY=h/2;
	//Activeライン
	var activeline=new createjs.Shape();
	//画像下背景
	activeline.graphics.beginFill(acolor).drawRoundRect(x,y,w,h,r);
	activeline.name="back";//name挿入
	//原点移動
	activeline.regX=w/2;
	activeline.regY=h/2;
	btn.addChild(activeline,s);
	btn.shadow=shadow;

	return btn;
}

beginBitmapFill()で画像を入れた場合に、Chromeで「陰影」が壊れる

グラフイックにサムネールなどを塗りこむ処理の場合であるが、角丸drawRoundRect() 処理をするとChromeで「陰影」が壊れます(グラフイックの形状は多いので処理してみないとわからない)。
右と下方の「陰影」が切れてしまいます(Chromeエンジンの場合のみ、他は正常)。

画像をエレメントで縮小処理してbeginBitmapFill()に入れれば正常に「陰影」処理されます。

修正などの詳細は「前ページ」を参照ください。


クロスドメイン画像の「クリックアクション」を機能させる

Canvas表示のボタンの場合は、「クリックアクション」が機能しないように出来ていますので、以下の様に少し工夫すれば可能に成ります。


1. ボタンと画像を別途の構成にして、ボタンの中にクロスドメイン画像を入れない。
2. ボタンの、最上層に「クリックアクション」専用のShapeを重ねて「クリック」が機能するように作る。
3. jQueryなどで画像埋め込みのボタンを「html」で作り、「クリック」が機能するようにする。
(Canvas表示で無ければ機能する)


2番目の方法で作った例を、次回「次のページ」で記事にしますので参照ください。


Chromeで「陰影」が壊れる修正などの詳細は「前ページ」を参照ください。

【参照】当方の記事: CreateJS 角丸RoundRect rolloverボタンのactive時背景色を変える(最新)


ボタン類を作るには結構時間がかかるし面倒かつ不具合もあるが、1形式を作っておけば、コピーで使いまわしが出来るので結構便利である。


画像

原則、使用者が用意ください。640x300画像、デモ使用の画像は「デモページ」にあります。


下記は、角丸RoundRectボタンなどに関する記事です。少々微妙な違いがあります。

【参照】当方の記事: CreateJS 角丸RoundRect rolloverボタンのactive時背景色を変える(最新)

【参照】当方の記事: CreateJS Gradient 角丸RoundRectマウスオーバーボタンを考える

【参照】当方の記事: CreateJS ラベルを中心に配置し、MouseOver で背景を変化させるボタンを考える



一応、完動しますが全てテストです。効率化のため、予告無くJSなど修正する場合がありますので了承下さい。

CreateJSは結構「仕様」が変わりますので特に注意が必要です。


 

以上です。

 


[ この記事のURL ]


 

ブログ記事一覧

年別アーカイブ一覧



[1]