POPSブログ

CreateJS 図形を円周に配置した、サークルアニメーション、Tweenをwait()で連続操作する(虹色)

236

  Category:  javascript2013/07/18 pops 

CreateJSを利用してキャンバス、円周上にレインボー色(虹色)の図形を配置表示します。前の「テキストアニメーション」と同じようなものですが「全体」を回転運動させていません、修正すれば文字を挿入することも可能です。
「図形要素」毎のアニメと「図形全体」のアニメとの複合形式で「集合拡散」を連続して表現します。
easeljs-0.7 でのテストです。

 

CreateJS 図形を円周に配置した、サークルアニメーション、Tweenをwait()で連続操作テスト


2013/09/25/EaselJSなどバージョンUPされました(easeljs-0.7)。動作など確認してeaseljs-0.7用に更新しています。(2013/10/21)


テキストアニメーションよりは軽く動作します(テキストは特殊かな?)。但しブラウザにより「回転精度」「描画品質」が違いますので注意下さい。全体の回転は可能ですがこのデモでは「回転」させていません。

 

[説明図]

サンプルには下記の形を用意しました。Circle. Star. Rect. RoundRect. Line. Leaf. Ellipse.

 

DEMO


CreateJS 図形を円周に配置した、サークルアニメーション、Tweenをwait()で連続操作する (createJS027.js)

このページはHTML5では有りませんので、デモページでご覧ください。「IE7.8」ではご覧いただけません。
/// 注意、ブラウザ、マシン性能により描画品質などに大きな差が有ります事了承下さい ///


Chrome Firefox Safari(Win) IE9、で動作確認済み。 (Safari(Mac)、IE10は未確認です)


HTML JS CSS


使用するライブラリ

easeljs preloadjs tweenjs

配布元 : CreateJS createjs.com


ライブラリの読み込み

ダウンロードしたJSを使用する場合。記述は一例です。(バージョン 0.7.0 使用)


<script type="text/javascript" src="js/easeljs-0.7.0.min.js"></script>
<script type="text/javascript" src="js/tweenjs-0.5.0.min.js"></script>

重要、バージョン違いでは動かない場合が有りますので必ず合わせて下さい。このデモでは preloadjs を使用していません。


HTML (HTML5)


<div id="demo-wrap">
	<div id="image-box" class="radius"><canvas id="mainCanvas" width="640" height="300"></canvas></div>
</div>

JS

createJS027.js、JS名は任意に変更可。easeljs-0.7用


//日本語
//createJS027.js
//easeljs-0.7用
//Circle rainbow-Color

//------------------------------------------------------

//canvasの大きさ/全てこの値を使用
var canvasWidth=640;
var canvasHeight=300;

//circle
var slice_value=24;//分割数
var base_angle=-90;//ベース角度補正
var range=360;//配置範囲レンジ角度 180 240 360

//図形インスタンス番号
//Circle=0 Star=1 Rect=2 RoundRect=3 Line=4 Leaf=5 Ellipse=6
var type_no=0;

//------------------------------------------------------
//変数、未使用もあり

//ステージ
var stage;
//box
var backrect;
var circlecontainer;

//TEXT
var viewtext;

//CircleBase
var circleBase;
//保存
var ballChip=[];
var ballPosx=[];
var ballPosy=[];

//------------------------------------------------------
//shadowフィルター
var shadow=new createjs.Shadow("#000000",0,0,4);

var backchg_no=0;
var backcolors=["#000000","#FFFFFF","#778899","#BC8F8F","#20B2AA"];

//サークル用グローバル変数
var partscount=0;

//------------------------------------------------------

//ステージ周りセット
function init() {

	//STAGE
	stage=new createjs.Stage('mainCanvas');

	//バックRect/最下位色背景層、無くとも良い
	backrect=new createjs.Shape();
	backrect.graphics.beginFill("#000000").drawRect(0,0,canvasWidth,canvasHeight);

	//クリック
	backrect.addEventListener("click",backchg);
	stage.addChild(backrect);

	//circle-Text circlecontainer
	circlecontainer=new createjs.Container();
	circlecontainer.x=canvasWidth/2;
	circlecontainer.y=canvasHeight/2;
	//ベース
	circleBase=new createjs.Container();
	circleBase.rotation=base_angle;//回転修正
	circlecontainer.addChild(circleBase);
	stage.addChild(circlecontainer);

	//簡易TEXT、Arialに変更
	viewtext=new createjs.Text("","12px Arial","#FFFFFF");
	viewtext.x=20;
	viewtext.y=15;
	viewtext.maxWidth=canvasWidth-40;
	viewtext.lineHeight=20;
	viewtext.textBaseline="bottom";
	viewtext.shadow=shadow;//SHADOW処理
	stage.addChild(viewtext);
	set_text("START");

	stage.update();

	createjs.Ticker.setFPS(30);
	createjs.Ticker.addEventListener('tick',tick);

	//調整
	setTimeout(function() {

		//プロローグ表示に進む
		set_prologue();

	},2000);

}

//プロローグ
function set_prologue() {

	set_text("");
	set_circleparts();

}

//サークルアニメ
function set_circleparts() {

	ballChip=[];//クリア
	partscount=0;//カウント、グローバル

	var radius=canvasHeight/2*.8;//サークル半径
	//ベース
	circleBase=new createjs.Container();
	circlecontainer.addChild(circleBase);
	//ベース角度補正
	circleBase.rotation=base_angle;

	text_W=0;//全幅未使用

	//インスタンス配列取得
	for (var i=0; i < slice_value; i++) {

		//Circleインスタンス
		if (type_no == 0) {
			//(x,y,r,color,rainbow,len,no)
			ballChip[i]=createBall(0,0,10,"#CCCCCC",true,slice_value,i);
		}
		//Starインスタンス
		if (type_no == 1) {
			//(x,y,r,color,rainbow,len,no)
			ballChip[i]=createStar(0,0,6,"#CCCCCC",true,slice_value,i);
		}
		//Rectインスタンス
		if (type_no == 2) {
			//(x,y,w,h,color,rainbow,len,no)
			ballChip[i]=createRect(0,0,20,20,"#CCCCCC",true,slice_value,i);
		}
		//RoundRectインスタンス
		if (type_no == 3) {
			//(x,y,w,h,r,color,rainbow,len,no)
			ballChip[i]=createRoundRect(0,0,20,20,4,"#CCCCCC",true,slice_value,i);
		}
		//Lineインスタンス
		if (type_no == 4) {
			//(x,y,w,h,color,rainbow,len,no)
			ballChip[i]=createLine(0,0,10,20,"#CCCCCC",true,slice_value,i);
		}
		//Leafインスタンス
		if (type_no == 5) {
			//(x,y,w,h,color,rainbow,len,no)
			ballChip[i]=createLeaf(0,0,20,20,"#CCCCCC",true,slice_value,i);
		}
		//Ellipseインスタンス
		if (type_no == 6) {
			//(x,y,w,h,color,rainbow,len,no)
			ballChip[i]=createEllipse(0,0,10,20,"#CCCCCC",true,slice_value,i);
		}

		//ポジション取得文字用に残す、未使用
		ballPosx[i]=0;
		ballPosy[i]=0;
	}

	//間隔の基準時間
	var base_time=150;
	//交互遅延時間 500-1000
	delayed_time=1000;

	//delay
	var delay_st=[];

	//パターン番号
	var pattern_no=Math.floor(Math.random()*5);
	//多目的判定用フラグ
	var chgxyflag=Math.floor(Math.random()*5);
	//多目的用2
	var chgflag=Math.floor(Math.random()*3);
	var chgflag2=Math.floor(Math.random()*3);
	//逆転フラグ
	var chg_v=Math.floor(Math.random()*2);
	if (chg_v < 1) {chg_v=-1;}

	var k=0;
	var flag=-1;
	var angle=0;
	var textwrap=[];

	for (var i=0; i < slice_value; i++) {

		angle =i*360/slice_value*range/360;//range展開角度1、0度より
		//angle +=360/slice_value*range/360;//range展開角度2、ズレ

		//WRAP
		var wrap=new createjs.Container();
		wrap.regX=0;
		wrap.regY=radius;
		wrap.x=0;
		wrap.y=0;
		wrap.rotation=angle;//angle;
		ballChip[i].x=0;
		ballChip[i].y=0;

		//移動
		ballChip[i].x=0;//0
		ballChip[i].y=radius*2*chg_v;//外から、中心から
		//識別ID登録
		ballChip[i].id=i;

		ballChip[i].scaleX=5;//0
		ballChip[i].scaleY=5;//0
		ballChip[i].rotation=360;//0
		ballChip[i].alpha=0;//1

		//addChild
		wrap.addChild(ballChip[i]);
		textwrap[i]=wrap;
		//addChild
		circleBase.addChild(textwrap[i]);

		k ++;
		flag *=-1;
	}

	//delay計算、delay逆転が効かない
	var k=0;
	var flag=-1;
	var sh=slice_value-1;
	var kk=0;
	for (var i=0; i < slice_value; i++) {
		kk=sh-i;

		//反対
		if (pattern_no == 0) {
			delay_st[i]=base_time*kk;
		}
		//中から
		if (pattern_no == 1) {
			delay_st[i]=Math.abs(i-sh/2)*base_time*1.5;
		}
		//外から
		if (pattern_no == 2) {
			delay_st[i]=i*base_time*1.5;
			if (i > sh/2) {delay_st[i]=kk*base_time*1.5;}
		}
		//正
		if (pattern_no > 2) {
			delay_st[i]=base_time*i;
		}
		//交互遅延 delayed_time
		if (chgflag == 1) {
			if (flag > 0) {
				delay_st[i] +=delayed_time;
			}
		}

		k ++;
		flag *=-1;
	}

	//delayの最大値を求める
	var max_delay=Math.max.apply(null,delay_st);

	//収縮ポイント移動
	var radius_y=radius*(chgflag2-1);
	var scale_end=(chgflag-1)*2;

	//Tween
	for (var i=0; i < slice_value; i++) {
		//Tween
		var twn=createjs.Tween.get(ballChip[i])
		.wait(delay_st[i])
		.to({x:0,y:radius_y,scaleX:0,scaleY:0,rotation:0,alpha:1},1200)
		.to({x:0,y:20,scaleX:.75,scaleY:.75,rotation:180,alpha:1},1000)
		.to({x:10*(chgflag2-1),y:0,scaleX:2,scaleY:2,rotation:45,alpha:1},500)
		.wait(250)
		.to({x:0,y:0,scaleX:1,scaleY:1,rotation:225,alpha:1},400)
		.wait(max_delay-delay_st[i])//最大値利用時間差吸収
		.to({x:0,y:-50,scaleX:1.5,scaleY:1.5,rotation:0,alpha:.5},800)
		.wait(600)
		.to({x:0,y:0,scaleX:1,scaleY:1,rotation:0,alpha:1},600)
		.wait(5000)
		.to({x:0,y:10*(chgflag2-1),scaleX:-2,scaleY:-2,rotation:315*chg_v,alpha:.5},1000)
		.wait(1000)
		.to({x:0,y:0,scaleX:1,scaleY:1,rotation:0,alpha:1},800)
		.wait(1000)
		.to({x:0,y:canvasWidth/2*(chgflag-1),scaleX:scale_end,scaleY:scale_end,rotation:0,alpha:0},1800)
		.call(function(){
			//終了
			if (partscount == slice_value-1) {finshAll();}
			partscount +=1;//グローバルの事
		});
	}

}

//終了
function finshAll () {

	//END
	set_text("END");
	//調整
	setTimeout(function() {

		set_text("AUTO");
		reset_parts();

	},2000);
}

//tickステージ
function tick() {
	stage.update();
}

//背景色変更
function backchg() {
	backchg_no ++;
	if (backchg_no > backcolors.length-1) {backchg_no=0;}
	var color=backcolors[backchg_no];
	backrect.graphics.beginFill(color).drawRect(0,0,canvasWidth,canvasHeight);
}

//Circleインスタンスを作る
function createBall(x,y,r,color,rainbow,len,no) {
	var c=color;
	if (rainbow) {
		c=createjs.Graphics.getHSL(no/len*360,100,50);//直接
	}
	var s=new createjs.Shape();
	//ベタ
	s.graphics.s().beginFill(c).drawCircle(x,y,r);
	//グラデ、小さいのでさほど効果なし
	//s.graphics.s().beginLinearGradientFill([c,"#FFFFFF"],[0,1],0,0,0,r*2).drawCircle(x,y,r);
	//原点中央
	s.regX=0;
	s.regY=0;
	return s;
}
//Starインスタンスを作る
function createStar(x,y,r,color,rainbow,len,no) {
	var c=color;
	if (rainbow) {
		c=createjs.Graphics.getHSL(no/len*360,100,50);//直接
	}
	var s=new createjs.Shape();
	s.graphics.s().beginFill(c).drawPolyStar(0,0,r,5,r/2,-90);
	//原点中央
	s.regX=0;
	s.regY=0;
	return s;
}
//Rectインスタンスを作る
function createRect(x,y,w,h,color,rainbow,len,no) {
	var c=color;
	if (rainbow) {
		c=createjs.Graphics.getHSL(no/len*360,100,50);//直接
	}
	var s=new createjs.Shape();
	s.graphics.s().beginFill(c).drawRect(0,0,w,h);
	//原点中央
	s.regX=w/2;
	s.regY=h/2;
	return s;
}
//RoundRectインスタンスを作る
function createRoundRect(x,y,w,h,r,color,rainbow,len,no) {
	var c=color;
	if (rainbow) {
		c=createjs.Graphics.getHSL(no/len*360,100,50);//直接
	}
	var s=new createjs.Shape();
	s.graphics.s().beginFill(c);
	operaRoundRect(s,x,y,w,h,r);
	//原点中央
	s.regX=w/2;
	s.regY=h/2;
	return s;
}
//Lineインスタンスを作る
function createLine(x,y,w,h,color,rainbow,len,no) {
	var c=color;
	if (rainbow) {
		c=createjs.Graphics.getHSL(no/len*360,100,50);//直接
	}
	var s=new createjs.Shape();
	s.graphics.ss(w,"round").s(c).moveTo(0,0).lineTo(0,h);
	//原点中央
	s.regX=w/2;
	s.regY=h/2;
	return s;
}
//Leafインスタンスを作る
function createLeaf(x,y,w,h,color,rainbow,len,no) {
	var c=color;
	if (rainbow) {
		c=createjs.Graphics.getHSL(no/len*360,100,50);//直接
	}
	var s=new createjs.Shape();
	s.graphics.s().beginFill(c).moveTo(w/2,0).quadraticCurveTo(w,h/2,w/2,h).quadraticCurveTo(0,h/2,w/2,0);
	//原点中央
	s.regX=w/2;
	s.regY=h/2;
	return s;
}
//Ellipseインスタンスを作る
function createEllipse(x,y,w,h,color,rainbow,len,no) {
	var c=color;
	if (rainbow) {
		c=createjs.Graphics.getHSL(no/len*360,100,50);//直接
	}
	var s=new createjs.Shape();
	s.graphics.s().beginFill(c).drawEllipse(0,0,w,h);
	//原点中央
	s.regX=w/2;
	s.regY=h/2;
	return s;
}
//reset_parts
function reset_parts() {

	set_text("CLEAR");

	//コンテナの中を削除
	circleBase.removeAllChildren();
	stage.update();

	//調整
	setTimeout(function() {
		set_prologue();
	},2000);

}

//VIEWTEXT
function set_text(t) {
	viewtext.text=t;
}

//quadraticCurveTo、こちら使用
function operaRoundRect(s,x,y,w,h,r) {
	s.graphics.moveTo(x+r,y)
	.lineTo(x+w-r,y)
	.quadraticCurveTo(x+w,y,x+w,y+r)
	.lineTo(x+w,y+h-r)
	.quadraticCurveTo(x+w,y+h,x+w-r,y+h)
	.lineTo(x+r,y+h)
	.quadraticCurveTo(x,y+h,x,y+h-r)
	.lineTo(x,y+r)
	.quadraticCurveTo(x,y,x+r,y);
}

//rainbow-Color2/未使用
var rainbowColor=function(v,cv,saturation,lightness) {
	var no=v/cv*360;
	var color=createjs.Graphics.getHSL(no,saturation,lightness);
	return color;
}

//START
init();

注釈文を削除すれば、幾分早くなります。


CSS

createJS027.css、CSS名は任意に変更可


/*日本語 createJS027.css*/

#demo-wrap {
position:relative;
width:auto;
height:320px;
text-align:center;
}

#image-box {
/*position:absolute;*/
position:relative;
top:0;left:0;
width:640px;
height:300px;
padding:0;
margin:0 auto;
box-shadow:0 0 10px #000;
-moz-box-shadow:0 0 10px #000;
-webkit-box-shadow:0 0 10px #000;
-o-box-shadow:0 0 10px #000;
-ms-box-shadow:0 0 10px #000;
background-color:#000000;
}

#image-box #mainCanvas {
border-radius:10px;
}

.radius {
border-radius:10px;
-moz-border-radius:10px;
-webkit-border-radius:10px;
-o-box-border-radius:10px;
-ms-border-radius:10px;
}

当方のサンプルの例です。


簡単な説明


図形を円周上に配置する

基本的に、文字を並べた「テキストアニメーション」と同じですが、配置角度が等分されています。


1. 図形を円周上に配置する際の間隔を等分しています。
2. 通常の角度、(degree)で計算しました。(radian計算可能)
3. wrapの半径radiusで「図形要素」が外周に配置されます。「図形要素」Y位置を調整することにより集合離散できます。全てが円の中心に向かいます(又は反対方向)のでキレイです。
4.「図形要素」の角度は 0 ですからTweenさせる場合に楽になります。動きは好み次第に設計できます。
5. 図形の描画品質がブラウザで違い、外周を円運動させた場合重くなることが有ります。最近のマシンなら問題は無い。(MAC Safariは未確認)
6. ベースをコンテナ(circlecontainer)に入れていますが直接ステージに配置しても良い。


図形の展開(円周上の配置)角度

円状に展開するには360度指定、半円なら180度指定と弧状にも展開可能です。図形を挿入する時に「全体の角度」を指定しているだけで簡単ですね。
配置を見て、図形の数、半径、図形の大きさ、ベースの修正角度、など見やすい様に変更します。


var range=360;//配置範レンジ囲角度 180 240 360
-------------------------------------------------

実際の図形挿入で角度を修正、間隔を等分
angle =i*360/slice_value*range/360;

ランダム色に染める

色は虹色を使用していますが、ランダム色にする場合は下記の様にします。2種類の方法あり。
0xFFFFFFは10進数に直すと1677万7215です。「0x」は16進数を意味する


cをカラーとすれば、1677万7215色 よりのランダム
c=createjs.Graphics.getRGB(Math.floor(Math.random()*0xFFFFFF));

又は、HSL 360色 よりのランダム
c=createjs.Graphics.getHSL(360*Math.random(),100,50);

-----------------------------------------------------
グラフィックの色指定部分に代入
s.graphics.s().beginFill(c).drawRect(0,0,w,h);

図形を新たに作る

グラフイックで図形を作っていますので好みの図形を作ることが可能ですし、また画像を挿入しても構いません。
特に、5角形(星形)は下記部分を変えれば形が変わります。

角丸、RoundRect は Opera で不具合があるために修正しています。


5角形
s.graphics.s().beginFill(c).drawPolyStar(0,0,r/2,5,r/3,-90);

4角形
s.graphics.s().beginFill(c).drawPolyStar(0,0,r/2,4,r/3,-90);

通常、回転するインスタンスの原点は中心ですが、場合によりズラシテ使用しても効果がでる時がある。


Tweenを変える

Tweenを変える事により新たなエフェクトが作れますが、図形により振る舞いが違いますので注意下さい。「Rect」形などで作ると動きが判り易いが、「Circle」形は回転しても変わらないので判り難い。後は工夫次第ですが「イイカゲン」にすると「テキトウ」な物に仕上がります。偶然出来るものが結構面白いので考えないで作ったほうが良い!。
skewX skewY、を設定すれば尚複雑になり「お祭り騒ぎ」ですから今回は止めときます。


時間差吸収 ( こちらが簡単 )

デモでは「wait」を利用してTweenを操作している。「図形要素」毎のTween、「全体」でのTweenとの切り替えの場合に「wait値」を調整して時間差をなくす処理が必要になる。 「wait」操作が複雑になると処理が繁雑になるので、「wait値」の最大値を求めて修正することにした。少々複雑でも対処出来る利点がある。

「時間差吸収」が旨く行かなければ「全体」でのTweenで個別に動く所が出るので直ぐ判る。


//配列delay_stの遅延の最大値を求める
var max_delay=Math.max.apply(null,delay_st);

.wait(max_delay-delay_st[i])//最大値利用時間差吸収

注意、ループ処理を分割した場合は良いが、一括ループ処理の場合は「最大値」を求められない。特別な事情が無い限り「ループ処理を分割」する。


文字列を分解して挿入は可能です

文字列を分解して挿入は可能ですが重く成ります。前ページなど参照して修正書き換えます。


 

その他

DEMO専用です。使用する事は可能ですが、あくまでもテストですので個人の判断で使用下さい。画像などは各自ご用意下さい。JSの先頭部分をお読み下さい。
但し、効率的な方法があれば、予告無くスクリプトなど修正する場合があります、ご了承下さい。


以上です。

 


[ この記事のURL ]


 

ブログ記事一覧

年別アーカイブ一覧



[1]