POPSブログ

CreateJS 画像分割アニメと、wicks方式サムネールの組み合わせ

228

  Category:  javascript2013/06/14 pops 

CreateJSを利用して、キャンバスにサムネールをwicks方式で表示します。サムネールを「クリック」すれば「画像分割アニメ」表示します。大変重く成りますので問題が発生し易い様です。画像分割アニメと、wicks方式サムネールの組み合わせな訳ですが、原因と対策を考えます。
easeljs-0.7 でのテストです。

 

CreateJS 画像分割アニメと、wicks方式サムネールの組み合わせ表示のテスト


2013/09/25/EaselJSなどバージョンUPされました(easeljs-0.7)。動作など確認してeaseljs-0.7用に更新しています。(2013/10/19)


基本的には、前に作った「画像分割アニメ」と「wicks方式サムネール」ですから、作るには容易いのですが、複数「tick」設定と、複雑な「Twenn」で「IE9」はクラッシュする確率が大きいです。電源を切らねば成りませんので重症です。そのために少々単純化して組み合わせます。
結論として、「画像分割アニメ」はサムネールを付けない方が安全であり、且つ、stage2 は作らない方がよいと思います。重いから問題も出易い、必要な場合は簡素にする事です。

 

wicks方式サムネール、マウスオーバーすると「サムネール」左右がずれて表示するタイプです。良い「呼称」がないので、同様な仕様で有名な「wicks」の名前を使用しました。その方が動きが予測できる様な気がします。

 

● 「下層に挿入する画像が一瞬一番上に表示するのを補正する」 は「目次5番」にあります。

 

[ 目次 ]



「画像分割アニメ」と「サムネール」表示の問題点

▲[ 目次 ]

[説明図]

 

1.「画像分割アニメ」には「サムネールボタン」などが無い方が利用し易い。
2.「サムネールボタン」などの設計次第で付加が大きくなる。
3.「ボタン」などの配置でstage2を構成すると便利だが、stage2用の「tick」はなるべく設定しない方がよい。
設定処理の次第では、「IE9」クラッシュの原因になる。
4. 使用目的によって、負荷軽減策を施す場合はこの限りでは無い。
5.「画像分割アニメ」でブラウザによっては、アウトタイプの実行で、下層に挿入する画像を一瞬「一番上に表示」し、Flashingする様な現象がおきる。インタイプでは処理が違うので起きない。
(画像処理が遅いことに起因する?(toDataURL()を使用が原因)、これは重要なために 下記に詳しく述べる)

 

 

DEMO

▲[ 目次 ]

DEMO


CreateJS 画像分割アニメと、wicks方式サムネールの組み合わせ。(createJS019.js)

このページはHTML5では有りませんので、デモページでご覧ください。「IE7.8」ではご覧いただけません。


Chrome Firefox Safari(Win) IE9、で動作確認済み。 (Safari(Mac)、IE10は未確認です)


HTML JS CSS


使用するライブラリ

easeljs preloadjs tweenjs

配布元 : CreateJS createjs.com


ライブラリの読み込み

ダウンロードしたJSを使用する場合。記述は一例です。(バージョン 0.7.0 使用)


<script type="text/javascript" src="js/easeljs-0.7.0.min.js"></script>
<script type="text/javascript" src="js/preloadjs-0.4.0.min.js"></script>
<script type="text/javascript" src="js/tweenjs-0.5.0.min.js"></script>

重要、バージョン違いでは動かない場合が有りますので必ず合わせて下さい。


HTML (HTML5)


<div id="demo-wrap">
	<div id="image-box" class="radius"><canvas id="mainCanvas" width="640" height="300"></canvas></div>
	<canvas id="subCanvas" width="640" height="80"></canvas>
</div>

メニュー用キャンバス #subCanvas はdiv要素でラップしてもしなくとも同じです。


JS

createJS019.js、JS名は任意に変更可。

一部判定処理を厳密にしているが、基本的に他の画像分割JSと同じです。


//日本語
//createJS019.js
//WICKSサムネールデモ用
//easeljs-0.7用
//tick2なし
//------------------------------------------------------

//初期設定
var split_free=true;//自動分割 true false
var speed=1000;//拡大移動、アニメ速度
var slide_time;//未使用
var delay_speed=150;//出現間隔、delay基準時間 100-200

//自動分割でない場合の分割
var split_h=11;//標準の横方向分割数、奇数値
var split_v=5;//標準の縦方向分割数、奇数値
var split_all=split_h*split_v;
//自動分割の場合、free分割データを登録/奇数値が良い
var splitHs=[11,11,11,7,11,7];
var splitVs=[5,5,5,3,1,1];
//スケール方向番号データ 0-3
var scales=[0,0,0,0,1,2,3];
//回転データ、余り回転しない、回転は120度x回転データ
var rotates=[0,0,0,0,1,2,3];

//canvasの大きさ/全てこの値を使用
var canvasWidth=640;
var canvasHeight=300;

//読み込み画像の大きさcanvasと同じ
var imageW=640;
var imageH=300;

//タイマーの使用切り替え可能/use
var timer_use="use";
//タイマー値 5000-10000
var time=8000;

//clickbtnの使用 useのこと
var clickbtn_use="use";
//Loading AUTOの文字を表示するかuse
//タイマーの使用しないときAUTOの文字なし
var text_use="use";

//サムネールの大きさ余白
var thumbW=64;
var thumbH=30;
var margin=2;//余白
var thumbRadius=5;//角丸半径

//wicks全体の幅、高さ、簡略化
var wicks_W=300;
var wicks_H=45;
//サムネール配置間隔/スペース考慮
var wicks_space=70;
//wicks位置中央補正
var wicksBox_X=0;//中央補正します
var wicksBox_Y=10;

//Imageオブジェクト先読み
//var backgroundimage=new Image();
//backgroundimage.src="/main/images/welcome_back.jpg";

//画像manifestリスト
var manifest=[
{src:"/main/images/toyota_car10.jpg",id:"PHOTO"},
{src:"/main/images/toyota_car11.jpg",id:"PHOTO"},
{src:"/main/images/toyota_car12.jpg",id:"PHOTO"},
{src:"/main/images/toyota_car13.jpg",id:"PHOTO"},
{src:"/main/images/toyota_car15.jpg",id:"PHOTO"},
{src:"/main/images/toyota_car16.jpg",id:"PHOTO"}
];

//------------------------------------------------------
//変数、未使用もあり

//ステージ
var stage,stage2;
//Loader
var loader;
//コンテナ
var container;
var backcontainer;
var loadingcontainer;
var progresscontainer;
var btncontainer;

//画像result
var globalflag=false,backImage,mainImage,keep_mainImage,welcomeImage,timerID=null;

//Loading
var loadingShape;
//TEXT
var viewtext;

//サムネールBOX
var thumbBox;//container
var thumbImage;//画像Bitmap
var thumb=false;//サムネール動作判定
var thumb_x=0;//サムネール位置

//ボタンが押された/有効
var btnValidity=false;

//読み込み画像result保存容器
var assets=[];
//分割大きさ位置保存容器
var chip_W=[],chip_H=[],chip_pos_X=[],chip_pos_Y=[];
//実際配置位置
var set_pos_X=[],set_pos_Y=[];
//移動配置位置
var mov_pos_X=[],mov_pos_Y=[];
//スライスObject容器
var chip=[];

//変数
//loading変数
var loading=false;
//ProgressBar
var progressbar;
var progtext;
var bar_v=0;
var once=true;

var inType=true;
var moveType="";
var kcount=0;

//ボタン
var myBtn=[];
var activeBtn;
var myThumb=[];

//wicksメニュー構成
var wicksBox;
//wicksホルダー
var wicksfolder;
//position関連変数
var position_st=[];//初期標準位置保存配列
var position_op=[];//オープン位置保存配列
var position_cl=[];//クローズ位置保存配列

//shadowフィルター
var shadow=new createjs.Shadow("#000000",0,0,4);
var shadow2=new createjs.Shadow("#FFFFFF",1,1,2);//影2未使用
var shadow3=new createjs.Shadow("#000000",0,0,8);//影3

//最初の画像0のこと
var image_no=0;
//画像数
var image_max=0;


//ステージ周りセット
function init() {

	//STAGE
	stage=new createjs.Stage('mainCanvas');
	//STAGE2
	stage2=new createjs.Stage('subCanvas');
	//MouseOver重要
	stage2.enableMouseOver(20);

	//バックRect/最下位色背景層、無くとも良い
	var backrect=new createjs.Shape();
	backrect.graphics.beginFill("#000000").drawRect(0,0,canvasWidth,canvasHeight);
	stage.addChild(backrect);

	//welcome画像層画像表示
	//welcomeImage=new createjs.Bitmap(backgroundimage);
	//現在使用
	welcomeImage=new createjs.Bitmap('/main/images/welcome_back.jpg');

	stage.addChild(welcomeImage);
	//welcome画像を先に表示
	stage.update();

	//下画像層、空画像コンテナを作る/寸法設定なくともOK
	backcontainer=new createjs.Container();
	backImage=new createjs.Bitmap();
	backcontainer.addChild(backImage);
	stage.addChild(backcontainer);
	
	//スライス画像層、空コンテナを作る、使いまわし
	container=new createjs.Container();
	stage.addChild(container);

	//loadingコンテナを作る
	loadingcontainer=new createjs.Container();
	stage.addChild(loadingcontainer);
	//LOADINGを作る
	loadingShape=loadingIndicator();
	loadingShape.x=canvasWidth/2;
	loadingShape.y=canvasHeight/2;
	//tickを設定
	loadingShape.tick=function (){
		if(loading) {
			loadingShape.rotation +=5;
			stage.update();
		}
	}
	//loading addEventListenerを設定
	createjs.Ticker.addEventListener('tick',loadingShape.tick);
	//コンテナに貼り付け
	loadingcontainer.addChild(loadingShape);
	loading=true;//loading表示判定

	stage.update();

	//ProgressBar
	progresscontainer=new createjs.Container();
	progressbar=new createjs.Shape();
	progtext=new createjs.Text("0","12px Arial","#FFFFFF");
	progtext.x=0;
	progtext.y=15;
	progtext.maxWidth=80;
	progtext.textAlign="center";
	progtext.shadow=shadow;//shadow
	//alpha
	progressbar.alpha=0.5;

	//bar_v判定tickを設定 butt round/Stroke
	//90度是正-Math.PI/2
	progressbar.tick=function (){
		if(bar_v > 0) {
			progressbar.graphics.clear();
			progressbar.graphics.setStrokeStyle(8,"butt").beginStroke("#FF69B4");
			progressbar.graphics.arc(0,0,40,-Math.PI/2,Math.PI*2*bar_v-Math.PI/2);
			progtext.text=Math.floor(bar_v*100);
			stage.update();
		}
	}
	//Ticker.Listener設定
	createjs.Ticker.addEventListener('tick',progressbar.tick);
	//addChild
	progresscontainer.x=canvasWidth/2;
	progresscontainer.y=canvasHeight/2;
	progresscontainer.addChild(progressbar,progtext);
	stage.addChild(progresscontainer);

	//簡易TEXT
	viewtext=new createjs.Text("","12px Arial","#FFFFFF");
	viewtext.x=20;
	viewtext.y=15;
	viewtext.maxWidth=canvasWidth-40;
	viewtext.lineHeight=20;
	viewtext.textBaseline="bottom";
	viewtext.shadow=shadow;//SHADOW処理
	stage.addChild(viewtext);
	set_text("Loading Now!");

	stage.update();

	//ステージ2ボタンコンテナ、ボタンはあとで作る
	btncontainer=new createjs.Container();
	//ボタンコンテナをステージ2にaddChild
	stage2.addChild(btncontainer);
	btncontainer.visible=false;
	stage2.update();

	//画像ロードに進む
	bulkload();

}

//progressBar
function progress(event) {

	//loadedのみ効く
	bar_v=event.loaded;
}

//bulk-load、画像一括ロード
function bulkload() {

	//Loaderを作る
	loader=new createjs.LoadQueue(false);
	//全体、progressがあれば先に設定
	loader.addEventListener("progress",progress);

	//loader EventListener設定
	loader.addEventListener("fileload",fileload);
	loader.addEventListener("complete",complete);
	//Manifestを使用、manifest読み込み開始
	loader.loadManifest(manifest);

}

//各画像読み込み完了
function fileload (event) {

	var id=event.item.id;
	//画像選別
	if (id == 'PHOTO') {
		//エラー無しの画像をassets容器に保存
		assets.push(event.result);
	}
}
//全ての画像読み込み完了
function complete (event) {

	//画像数確認、再計算
	image_max=assets.length;
	//簡易TEXT
	set_text("Loading End!");
	//loader Listener削除
	loader.removeEventListener("fileload",fileload);
	loader.removeEventListener("complete",complete);

	//loading EventListener削除
	createjs.Ticker.removeEventListener('tick',loadingShape.tick);
	//非表示でも良い
	loadingcontainer.visible=false;
	loading=false;//loading表示判定

	stage.update();

	//画像があれば、最初の画像表示
	if (image_max > 0) {

		//早すぎるので調整
		setTimeout(function() {

			//遅延progressbar最後の前にcompleteが反応する
			event.target.removeEventListener("progress",progress);
			//progressTicker削除
			createjs.Ticker.removeEventListener('tick',progressbar.tick);
			//progress非表示
			progresscontainer.visible=false;

			//簡易TEXTクリア
			set_text("");
			//viewtext.visible=false;

			stage.update();
			//Menuを作る
			drawMenu ();

		},1000);
	}
}

//wicksサムネールを作る/wicksホルダーのみの構造
function drawMenu () {

	//ボタン幅、高さ
	var btnW=wicks_space;//サムネール配置間隔
	var btnH=(thumbH+margin*2);

	//部品構成
	wicksBox=new createjs.Container();
	//wicksホルダー/バックRectはマスクで
	wicksfolder=new createjs.Container();
	//ホルダーmask、ホルダー背景色なし
	var wicksmask=new createjs.Shape();
	//色をつけるならbeginFill('#FFFFFF')など
	wicksmask.graphics.beginFill().drawRect(0,0,wicks_W,wicks_H);
	//フォルダーMASK
	wicksfolder.mask=wicksmask;
	//addChild
	wicksBox.addChild(wicksmask,wicksfolder);
	wicksBox.x=wicksBox_X;
	wicksBox.y=wicksBox_Y;

	//addChild btncontainer
	btncontainer.addChild(wicksBox);

	var fldr_W=wicks_W;
	var kankaku=(fldr_W-btnW)/(image_max-1);

	for (var i=0; i < image_max; i++) {

		//番号受け渡し
		var no=i;

		//配置位置を計算保存、中央補正
		//position保存
		position_st[i]=(fldr_W/image_max*i)+btnW/2;
		position_op[i]=(kankaku*i)+btnW/2;
		position_cl[i]=fldr_W-kankaku*(image_max-i)+btnW/2;
		if(i == 0) {position_cl[0]=btnW/2;position_op[0]=btnW/2;}//1番目補正

		//Bitmap 現在こちら使用
		myThumb[i]=createThumbBox(assets[no],0,0,thumbW,thumbH,thumbRadius,margin,imageW,imageH,no);

		//配置/横均等
		myThumb[i].x=position_st[i];
		//縦は中央に
		myThumb[i].y=wicks_H/2;

		//判別用のproperty:idを書き込む
		myThumb[i].id=i;

		myThumb[i].cursor='pointer';
		//myThumb wicksfolderにaddChild
		wicksfolder.addChild(myThumb[i]);

		//クリックアクション、onに変更
		myThumb[i].on("click",handleclick,null,false,i);

	}

	//wicks中央
	btncontainer.x=Math.round((canvasWidth-wicks_W)/2);
	btncontainer.y=wicksBox_Y;
	btncontainer.visible=true;

	//ダミーバックアクション補正
	var dummyback=new createjs.Shape();
	dummyback.graphics.beginFill('#FFFFFF').drawRect(0,0,btnW,wicks_H);
	dummyback.x=wicks_W;

	//rollover-action
	dummyback.addEventListener('rollover',function (e) {
		return false;
	});
	wicksfolder.addChild(dummyback);

	stage2.update();

	//遅延
	setTimeout(function() {

		//画像表示に進む
		draw();

	},1000);

}

//DRAW、アニメ
function draw() {

	globalflag=false;

	//active変更/tweenしない
	set_open(image_no);

	//AUTO文字表示/ボタン有効判定
	if (!btnValidity && timer_use =='use') {
		set_text("AUTO");
	}

	//-----------------------

	//IN OUTを確率で決定
	inType=true;
	var in_no=Math.floor(Math.random()*2);
	if (in_no == 0) {inType=false;}

	//最初の画像はIN
	if (once) {
		inType=true;
		once=true;
	}

	//keep値が無ければ強制IN
	if (!keep_mainImage) {inType=true;}

	//INの場合画像result取得
	if (inType) {
		mainImage=assets[image_no];
	} else {
		//OUTの場合画像keep.result取得
		mainImage=keep_mainImage;
	}
	//グラフィックに流し込むにresultで処理のため
	keep_mainImage=assets[image_no];

	//カウントクリア
	kcount=0;
	var splitNo=0;

	//分割変更
	if (split_free) {
		splitNo=Math.floor(Math.random()*splitHs.length);
		//分割値代入
		split_h=splitHs[splitNo];
		split_v=splitVs[splitNo];
	}

	//分割エラー修正
	if (!split_h) {split_h=1;}
	if (!split_v) {split_v=1;}

	//スライス寸法データを得る1
	slice_set(canvasWidth,canvasHeight,split_h,split_v);
	//分割合計要素数計算
	split_all=split_h*split_v;

	//画像分割貼り付け
	var srcArr=[];//URL容器
	var sliceCanvas=document.createElement("canvas");
	var k=0;
	for (var i=0; i < split_h; i++) {
		for (var j=0; j < split_v; j++) {

			//大きさ重要
			sliceCanvas.setAttribute("width",chip_W[k]);
			sliceCanvas.setAttribute("height",chip_H[k]);
			var context=sliceCanvas.getContext("2d");
			//貼り付け
			context.drawImage(mainImage,chip_pos_X[k],chip_pos_Y[k],chip_W[k],chip_H[k],0,0,chip_W[k],chip_H[k]);
			srcArr[k]=sliceCanvas.toDataURL("image/png");

			k++;
		}
	}

	//アニメ条件設定
	//配列クリア
	var delay_st=[];
	var delay_pt=[];
	//rotation受渡変数配列
	var rotate_v=[];
	//動きの分類
	moveType="";

	//標準パターン番号削除未使用
	var patternflag=false;
	//パターン番号未使用
	var pattern_no=0;

	//多目的判定用
	var chgxyflag=Math.floor(Math.random()*5);
	//多目的用2
	var chgflag=Math.floor(Math.random()*3);

	//多目的判定用3 1-2の値
	var chgflag2=Math.floor(Math.random()*2)+1;
	//逆転フラグ
	var chg_v=Math.floor(Math.random()*2);
	if (chg_v < 1) {chg_v=-1;}

	//タイプ決定フラグ未使用
	var typeflag=0;

	//delay番号
	var delay_no=Math.floor(Math.random()*11);

	//delayed遅延させる/20%
	var delayed=Math.floor(Math.random()*5);
	//半径、幅の70%で外側配置、半分の時あり
	var radius=Math.floor(canvasWidth*0.7);

	//配置disposition位置番号/加算値
	var disposition_no=Math.floor(Math.random()*8);
	var disposition_X=0;
	var disposition_Y=0;

	//スケール方向番号
	var scale_no = scales[Math.floor(Math.random()*scales.length)];
	var scale_X=0;
	var scale_Y=0;
	//回転データ取得
	var rotate=rotates[Math.floor(Math.random()*rotates.length)];

	//透明度
	var alpha_no=Math.floor(Math.random()*2);
	//速度補正係数
	var spd_v=1;

	//radius半径補正、20% 円形の内部位置になる/強制透過
	if (chgxyflag == 0) {radius *=0.5;alpha_no=0;}

	//回転の場合の食み出し防止、長いので見える、透過させる
	if (split_h == 1 || split_v == 1) {
		if (rotate > 0) {alpha_no=0;}
	}

	//Even算出
	var even_v = 1;
	if (split_v % 2 != 0) {even_v = 0;}

	//Bitmap配置、配置条件設定
	var vx=0,vy=0,angle_v=0;

	var shc=(split_h/2)-0.01;
	var svc=(split_v/2)-0.01;
	var diag_no=0;
	var v_x=0;
	var v_y=0;
	flag3=1;
	var k=0;
	for (var i=0; i < split_h; i++) {
		for (var j=0; j < split_v; j++) {

			//Bitmap配列に保存
			chip[k]=new createjs.Bitmap(srcArr[k]);

			chip[k].width=chip_W[k];
			chip[k].height=chip_H[k];

			//中央補正
			chip[k].regX=chip_W[k]/2;
			chip[k].regY=chip_H[k]/2;

			//戻り位置計算
			set_pos_X[k]=chip_pos_X[k]+chip_W[k]/2;
    			set_pos_Y[k]=chip_pos_Y[k]+chip_H[k]/2;

			//移動加算値等の計算
			switch(disposition_no){
				case 0://その場所で
					disposition_X=set_pos_X[k];
					disposition_Y=set_pos_Y[k];
					//スケール補正
					scale_no=0;
					spd_v=0.5;
					//スケール例外その場拡大20%
					if (chgxyflag == 2) {scale_no=4;}
				break;
				case 1://外側に、radius半径補正あり180/Math.PI
					var angle=Math.random()*360;
					disposition_X=Math.cos(angle)*radius+(canvasWidth/2);
					disposition_Y=Math.sin(angle)*radius+(canvasHeight/2);
					spd_v=1.5;
				break;
				case 2://左右に中心から補正
					v_x=(canvasWidth/2+chip_W[k]/2)*chg_v;
					disposition_Y=set_pos_Y[k];
					if (!chgflag && i % 2 != 0) {v_x *=-1;}
					if (chgxyflag < 2) {v_x *=flag3;}
					disposition_X=v_x+canvasWidth/2;
					//回転は見出し補正
					if(rotate > 0) {alpha_no=0;}
				break;
				case 3://上下に中心から補正
					disposition_X=set_pos_X[k];
					v_y=(canvasHeight/2+chip_H[k]/2)*chg_v;
					if (!chgflag && j % 2 != 0) {v_y *=-1;}
					if (chgxyflag < 2) {v_y *=flag3;}
					disposition_Y=v_y+canvasHeight/2;
					//回転は見出し補正
					if(rotate > 0) {alpha_no=0;}
				break;
				case 4://YX内部ランダム位置
					disposition_X=Math.floor(Math.random()*canvasWidth);
					disposition_Y=Math.floor(Math.random()*canvasHeight);
					//スケール補正
					scale_no=0;
					spd_v=1;
				break;
				case 5://中央
					disposition_X=canvasWidth/2;
					disposition_Y=canvasHeight/2;
					if (!chgflag) {disposition_X=set_pos_X[k];}
					//スケール補正
					scale_no=0;
					spd_v=0.8;
				break;
				case 6://YX内部ランダム位置
					disposition_X=Math.floor(Math.random()*canvasWidth);
					disposition_Y=Math.floor(Math.random()*canvasHeight);
					//スケール補正
					scale_no=0;
					spd_v=0.8;
				break;
				default://そのほか
					disposition_X=set_pos_X[k];
					disposition_Y=set_pos_Y[k];
					//スケール補正
					scale_no=0;
					alpha_no=0;
					spd_v=0.8;
			}

			//スケール方向決定
			switch(scale_no){
				case 0:
					scale_X=0;scale_Y=0;
				break;
				case 1:
					scale_X=1;scale_Y=1;
				break;
				case 2:
					scale_X=0;scale_Y=1;
				break;
				case 3:
					scale_X=1;scale_Y=0;
				break;
				case 4:
					scale_X=2;scale_Y=2;alpha_no=0;//スケール例外2倍、負荷が大きい
				break;
				default:
					scale_X=0;scale_Y=0;
			}

			//moveType="y-3d";
			if (moveType == 'y-3d') {
				scale_X=-1;scale_Y=1;
			}

			//rotation値の決定 120度x、逆転有り
			rotate_v[k]=rotate*120*chg_v;
			//回転の変化、回転0以外なら交互逆転する、確率33%
			if (chgflag == 1) {rotate_v[k] *= flag3;}

			//初期の移動
			//IN
			if (inType) {
				mov_pos_X[k]=disposition_X;
				mov_pos_Y[k]=disposition_Y;
				chip[k].x=mov_pos_X[k];
    				chip[k].y=mov_pos_Y[k];
				chip[k].rotation=rotate_v[k];
				chip[k].scaleX=scale_X;
				chip[k].scaleY=scale_Y;
				chip[k].alpha=alpha_no;
			}

			//OUT
			if (!inType) {
				mov_pos_X[k]=disposition_X;
				mov_pos_Y[k]=disposition_Y;
				chip[k].x=set_pos_X[k];
    				chip[k].y=set_pos_Y[k];
				//初期の条件
				chip[k].rotation=0;
				chip[k].scaleX=1;
				chip[k].scaleY=1;
				chip[k].alpha=1;
			}

			//表示リストaddChild、stage.updateはしないこと
			//コンテナに収容
			container.addChild(chip[k]);

			k++;
			flag3 *=-1;
		}
		if (even_v) {flag3 *=-1;}
	}

	//delay_no10 ランダムを減らす30%
	if (delay_no == 10 && chgflag) {delay_no=0;}

	//delayの計算/通常より増やした
	var sh=split_h-1;
	var sv=split_v-1;
	var flag3=1;
	var kk=0;//方向違いカウント
	var kkk=0;//半分でカウントダウン
	var k=0;
	for (var i=0; i < split_h; i++) {
		for (var j=0; j < split_v; j++) {

			//縦方向にカウント
			kk=i*split_v+j;
			kkk=k;
			if (k > (split_all-1)/2) {kkk=Math.abs(split_all-k)-1;}

			if (delay_no == 0) {delay_st[k]=(i+j)*delay_speed;}
			if (delay_no > 0 && delay_no < 5) {delay_st[k]=(i+j+k/split_all/4)*delay_speed;}//滑らか
			if (delay_no == 5) {delay_st[k]=(i+j)/2;delayed=1;}
			if (delay_no == 6) {delay_st[k]=kk*delay_speed;}
			if (delay_no == 7) {delay_st[k]=kkk*delay_speed;}
			if (delay_no == 8) {delay_st[k]=(Math.abs(Math.abs(i-sh/2)-sh)+Math.abs(Math.abs(j-sv/2)-sv))*2*delay_speed;}//円形状外から中心に
			if (delay_no == 9) {delay_st[k]=(Math.abs(i-(sh/2))-Math.abs(j-(sv/2)))*3*delay_speed;}//対角組あわせX状に
			if (delay_no == 10) {delay_st[k]=Math.floor(Math.random()*split_all)/2*delay_speed;}//適当なランダム
			if (delay_no > 10 ) {delay_st[k]=k*2*delay_speed;}

			//分割数が少ない場合早いので、間隔をあける1.5-3
			if (split_all < 16) {delay_st[k] *=2;}

			//delayed遅延
			if (delayed == 1) {
				if (flag3 < 0) {delay_st[k] +=1000;}
			}

			k++;
			flag3 *=-1;

		}
		if (even_v) {flag3 *=-1;}
	}

	//delay反転
	if (chgxyflag > 2) {
		delay_st.reverse();
	}

	//OUTの場合下画像を入れるstage.updateはしないこと/移動
	if (!inType) {
		//backImage.image=new createjs.Bitmap(keep_mainImage).image;
	}

	//Easeの変更 IN最後遅くOUT等速
	var ease=createjs.Ease.linear;
	if (inType) {ease=createjs.Ease.cubicOut;}

	//TWEENの実行
	var k=0;
	var params={};
	for (var i=0; i < split_h; i++) {

		for (var j=0; j < split_v; j++) {

			if (inType) {
				params={x:set_pos_X[k],y:set_pos_Y[k],scaleX:1,scaleY:1,rotation:0,alpha:1};
			} else {
				params={x:mov_pos_X[k],y:mov_pos_Y[k],scaleX:scale_X,scaleY:scale_Y,rotation:rotate_v[k],alpha:alpha_no};
			}

			var tw=createjs.Tween.get(chip[k])
			.wait(delay_st[k])
			.call(indexchg)
			.to(params,speed*spd_v,ease)
			.call(finshtween);

			k++;

		}
	}

	//OUTの場合下画像を入れる
	if (!inType) {
		backImage.image=new createjs.Bitmap(keep_mainImage).image;
	}
	//Firefox
	setTimeout(function() {
		//Ticker設定
		createjs.Ticker.setFPS(30);
		createjs.Ticker.addEventListener('tick',tick);
	},20);

}

//重ね順を一番上にする
function indexchg () {
	container.setChildIndex(this,split_all-1);
	//container.setChildIndex(this,0);
}

//フェードアニメ完了
function finshtween () {

	//全て完了
	if(kcount == split_all-1 ){
		finshAll();
	}
	//0からカウント加算
	kcount ++;

}

//アニメ全て完了
function finshAll () {

	//Tween全てが完了してから下画像表示
	if (inType) {
		backImage.image=new createjs.Bitmap(mainImage).image;
		stage.update();
	}

	//コンテナの中を削除
	container.removeAllChildren();
	//ボタン有効解除
	btnValidity=false;

	//welcome画像層画像を消す
	if (once) {
		welcomeImage.visible=false;
		once=false;
	}

	//flag
	kcount=0;
	globalflag=true;

	//処理少し遅延させる
	setTimeout(function() {
		//Ticker OFF
		createjs.Ticker.removeEventListener('tick',tick);
		//タイマー次ぎ開く
		if (timer_use == 'use') {
			set_timer();
		}
	},500);

}

//スライス要素の位置大きさ決定、保存
function slice_set(bw,bh,slh,slv) {
	//スライス
	slice_W=Math.round(bw/slh);//YOKO
	slice_H=Math.round(bh/slv);//TATE
	slice_Wb=bw-slice_W*(slh-1);
	slice_Hb=bh-slice_H*(slv-1);
	var k=0;
	for (var i=0; i < slh; i++) {
		for (var j=0; j < slv; j++) {
			//大きさ保存
			chip_W[k]=slice_W;
			if (i == slh-1) {chip_W[k]=slice_Wb;}
			chip_H[k]=slice_H;
			if (j == slv-1) {chip_H[k]=slice_Hb;}
			//位置保存中央補正前
			chip_pos_X[k]=(slice_W*i);
			chip_pos_Y[k]=(slice_H*j);
			k ++;
		}
	}
}


//tickステージ
function tick() {
	stage.update();
}

//次ぎの開く要素を計算
function next_set() {

	//次ぎの番号
	image_no +=1;
	if (image_no > (image_max-1)) {image_no=0;}
	draw();

}

//タイマー
function set_timer() {

	//一旦切ってからセット
	clearTimeout(timerID);
	timerID=setTimeout(next_set,time);
}

//VIEWTEXT
function set_text(t) {
	if (text_use=='use') {
		viewtext.text=t;
	}
}

//BtnClick
function handleclick (event,no) {

	//アニメ中は機能しない
	if (!globalflag) {return;}

	var hit_no=no;

	//表示中番号なら戻る
	if (hit_no == image_no) {
		return;
	} else {
		//ボタン有効/AUTO文字書き換え
		btnValidity=true;
		viewtext.text="";
		//タイマー強制停止
		clearTimeout(timerID);
		//指定番号の画像表示
		image_no=hit_no;

		//少し遅延させるclickは重要だ
		setTimeout(function() {
			draw();
		},300);//200-500

	}
}

//menu-open/tweenしない形
function set_open(no) {
	for (var i=0; i < image_max; i++) {
		if (i <= no) {
			myThumb[i].x=position_op[i];
		} else {
			myThumb[i].x=position_cl[i];
		}
	}
	stage2.update();
}
//reset/tweenしない形
function reset_open() {
	for (var i=0; i < image_max; i++) {
		myThumb[i].x=position_st[i];
	}
	stage2.update();
}

//quadraticCurveToこちら使用
function operaRoundRect(s,x,y,w,h,r) {

	s.graphics.moveTo(x+r,y)
	.lineTo(x+w-r,y)
	.quadraticCurveTo(x+w,y,x+w,y+r)
	.lineTo(x+w,y+h-r)
	.quadraticCurveTo(x+w,y+h,x+w-r,y+h)
	.lineTo(x+r,y+h)
	.quadraticCurveTo(x,y+h,x,y+h-r)
	.lineTo(x,y+r)
	.quadraticCurveTo(x,y,x+r,y);
}

//ThumbBox表示/update自動
function openThumbBox(no) {
	//サムネール画像書き換え/画像result取得
	thumbImage.image=new createjs.Bitmap(assets[no]).image;
	thumbBox.x=thumb_x;//X位置
	thumbBox.alpha=0;
	thumbBox.visible=true;
	thumb=true;
	//stage.update();
}
//ThumbBox非表示
function closeThumbBox(no) {
	//サムネール画像クリア空画像挿入
	//thumbImage.image=new createjs.Bitmap().image;
	thumbBox.visible=false;
	thumb=false;
	stage.update();
}

//create-box
function createThumbBox (image,x,y,w,h,r,m,imgw,imgh,no) {

	//サムネールBOX
	box=new createjs.Container();
	var thumbimg=new createjs.Bitmap(image);
	thumbimg.x=m;
	thumbimg.y=m;
	//縮小
	thumbimg.scaleX=w/imgw;
	thumbimg.scaleY=h/imgh;
	//back
	var thumbback=new createjs.Shape();
	thumbback.graphics.s(0).beginFill('#FFFFFF');
	operaRoundRect(thumbback,x,y,w+m*2,h+m*2,4);

	thumbback.shadow=shadow;

	box.addChild(thumbback,thumbimg);
	box.regX=(w+m*2)/2;
	box.regY=(h+m*2)/2;

	//rollover
	box.addEventListener('rollover',function (e) {
		//
		set_open(no);
	});
	//rollout
	box.addEventListener('rollout',function (e) {
		//
		//reset_open();
	});

	return box;
}

//簡単なLOADING
function loadingIndicator(){

	//graphicのスタイル
	var graphics=new createjs.Graphics();
	graphics.setStrokeStyle(2,"round").beginStroke("#CCCCCC");//round

	//描画データ
	var cx,cy,
	numNeedles=12,
	innerR=10,
	outerR=5,
	cAngle= -Math.PI/2,
	nAngle;

	//ライン描画
	nAngle=Math.PI*2/numNeedles;
	for (var i=0; i < numNeedles; i++){
		cAngle +=nAngle;
		cx=Math.cos(cAngle)*innerR;
		cy=Math.sin(cAngle)*innerR;
		graphics.moveTo(cx,cy);
		cx=Math.cos(cAngle)*outerR;
		cy=Math.sin(cAngle)*outerR;
		graphics.lineTo(cx,cy);
	}
	//Shapeに格納
	var s=new createjs.Shape(graphics);
	return s
}

//START
init();

注釈文を削除すれば、幾分早くなります。


CSS

createJS019.css、CSS名は任意に変更可


/*日本語 createJS019.css*/

#demo-wrap {
position:relative;
width:auto;
height:380px;
text-align:center;
}

#image-box {
/*position:absolute;*/
position:relative;
top:0;left:0;
width:640px;
height:300px;
padding:0;
margin:0 auto;
box-shadow:0 0 10px #000;
-moz-box-shadow:0 0 10px #000;
-webkit-box-shadow:0 0 10px #000;
-o-box-shadow:0 0 10px #000;
-ms-box-shadow:0 0 10px #000;
background-color:#000000;
}

#image-box #mainCanvas {
border-radius:10px;
}

.radius {
border-radius:10px;
-moz-border-radius:10px;
-webkit-border-radius:10px;
-o-box-border-radius:10px;
-ms-border-radius:10px;
}

当方のサンプルの例です。


簡単な説明


DEMOの簡単な説明

▲[ 目次 ]

「サムネールボタン」の軽量簡素化

主の画像処理の負荷が大きいので、「サムネールボタン」などは軽量簡素化しました。また、stage2用の「tick」は設定はしていませんので「wicks方式サムネール」はTweenを使用せずに動かしています。
拠って、IE9が異常を来たすことは有りません。

1. stage2用の「tick」は設定はしていません。(IE9で異常を来たす事がある)
2. 画像分割に負荷がかかるので、メニューを簡素化した。
3. 出来れば簡素なボタンのほうがモット良い。ボタンなしはモットモット良い。


「サムネール」アクションの簡素化

「サムネール」を stage2 に配置している為に、Tweenを使用しない形式に変更。CSSで変化する様な簡単なものです。
「tick」を設定していませんので、IE9に影響は有りません。


//menu-open/tweenしない形
function set_open(no) {
	for (var i=0; i < image_max; i++) {
		if (i <= no) {
			myThumb[i].x=position_op[i];
		} else {
			myThumb[i].x=position_cl[i];
		}
	}
	stage2.update();
}
//reset/tweenしない形
function reset_open() {
	for (var i=0; i < image_max; i++) {
		myThumb[i].x=position_st[i];
	}
	stage2.update();
}

ここで、stage2 を設定する理由は、その上の画像(画像分割アニメ本体部分)をCSS3で角丸陰影処理しているからです。マスクにより角丸処理は可能ですが、CSS3より重く成るための理由もあります。


サムネール rollover rollout アクション

easeljs-0.7より mouseover mouseout が rollover rollout になりましたので変更します。
新しい、rollover rollout、が古い、mouseover mouseout、と同様です。


サムネール rollover rollout アクションはcreateThumbBox()で作る時に設定されている。rolloutのアクションは使用していない。reset_open()を実行する様に変更すれば。サムネールは均等な位置に戻る。


	//rollover
	box.addEventListener('rollover',function (e) {
		//
		set_open(no);
	});
	//rollout
	box.addEventListener('rollout',function (e) {
		//
		//reset_open();
	});



「画像分割アニメ」等の問題点


「画像分割アニメ」等の問題点

▲[ 目次 ]

当然、ワタシは専門家では有りませんので詳細に言及出来ません。よってテストを重ねての経験上の事しか言えません。全て現時点での事ですのでご承知おき下さい。時間経過、バージョンアップなどで自然解消される事もあろうかとも思います。


IE9で複数の「tick」設定は危険かも知れない

複数のステージ設定は大変便利ですが、IE9で複数の「tick」設定は危険かも知れません。イベント名(tick)を変える事も可能でしょうが実際テストはしていません。(複数のステージ設定は内だけカモ!)
少し長い時間動作させて、状況を確認しながら制作が必要かも知れません。複数のTweenをも設定しましたのでその辺に問題が有ったかは不明ですが、複雑な処理の時は「IE9」に注意した方が宜しい。


最悪、IE9は、制御不能に陥り、電源を切らねばなら無い事態になる場合あり。


1. DEMOでは、stage2の設定の必要があり設定しました。
2. IE9、制御不能に陥り、stage2用の「tick」設定は削除しました。一応回避できる様です。
3. 結構負荷が掛かりますので、細心の注意が必要です。
4. マシン環境が悪くとも、Chrome は快適です。


電源を切ることは「省エネ」につながります!

 

画像挿入などが旨く行かない

▲[ 目次 ]

画像挿入が旨く行かない場合には色々な原因が有りますが、スプリクトの誤記は除き、当初旨くゆき、後で不具合が出る場合は、、

1. 一度、removeChild()したインスタンスでもオブジェクトが残っているので、画像表示はできるが、位置確定まで時間がかかり、一旦、一瞬「一番上に表示」する。重なり順に問題は無いか?
(コンテナで階層を作っているのは、これを防止する目的である、処理が集中すると完全機能しない?)
2. 重すぎる処理の場合は、思い通りの処理はしない。乱れたりの不具合が起きる場合が多い。
3. Tweenで wait() がある場合、removeEventListener() と時間的ずれが出る場合あり。
4. 色々組み合わせ作りこむと原因不明の事が起こりやすい。自己解決しか道なし。
5. Canvasを途中、CSSで変更しても必ず思い通りには行かない事が多い。
6. CreateJSは、発展途上ですから不具合はつき物です。Canvasも完全策定されていませんので不具合は当たり前だ。よってブラウザによりの違いもあります。
7. CreateJSのバージョンに注意する。バージョンにより追加、変更など頻繁です。
8. 情報が少ないので、悩むしか方法は有りません。「ナヤメ」!


 

下層に挿入する画像が一瞬一番上に表示するのを補正する

▲[ 目次 ]

(後日、toDataURL()を使用したのが原因と判明した。よって現在はtoDataURL()を使用しない方式に改めています。)

補正処理の要らない方法 (toDataURL()を使用しない)


通常は問題はない。過度な負荷がかかる場合、removeChild()、addChild()で下層画像を変えた場合、などに限るようであるが、、toDataURL()を使用したのが主タル原因のようですが、後々のために、一応、対応などのべて於く。


「Firefox」「IE9」での問題である、マシン環境性能が良ければ起きない事かも知れない(当方のマシン環境はスコブル悪い、通常は起きないものと推測)。


一応気になるので補正を考えた。何処に原因があるか不明であるので、構造を変えたり処理位置を変えたり全てのテストを3日間行い全て失敗した(疲れたぜ、アタマも機能不全だ)。

最終的にたどり着いた修正方法は、笑える位「意図も簡単」な方法であった。


現象事態が、理解し難いことであり(一種のクセか?)、理解し難い補正方法と思います。


[説明図]

 

下層に挿入する画像を一瞬「一番上に表示」し、Flashingする様な現象がおきる。挿入する位置がまだ特定できない状態のようである。その後挿入する位置に収まるが、推測するに処理が多く集中するのも原因で「画像処理」が遅いのが主因と思うが「stage update」が有効になっていれば逆に消えない現象がおきる。(消えようとしているのに表示させられる、画像処理が遅いから尚遅くなる、、この辺が当たりカナ)

通常「画像分割アニメ」していない時、どの位置でも問題なく画像は挿入変更出来た為、尚更原因がわからなくなる。


一瞬「一番上に表示」する瞬間のみ「stage update」を行わない様にする、つまり「tick」を切れば良い。


3カもナヤんだアホがいる。オマエは「天然記念物」か!アタマのバグにはキンチョール!

 

● 実際の補正処理の例 1 (その都度Ticker設定の場合)

▲[ 目次 ]

Tickerの実行を 20-50ミリ秒 遅らせるだけである。つまり「一瞬一番上に表示」しても自然消滅するので、その瞬間に「stage update」を行わない。その瞬間の特定が面倒だ!(最高に悩むゼ)、下記の処理位置参照。
50ミリ秒以上では、Tweenが反映されない瞬間が出るので注意下さい。


//DRAW、アニメ
function draw() {

	略す

	//OUTの場合下画像を入れるstage.updateはしないこと/移動
	if (!inType) {
		//backImage.image=new createjs.Bitmap(keep_mainImage).image;
	}

	略す

	//TWEENの実行
	var k=0;
	var params={};
	for (var i=0; i < split_h; i++) {
		for (var j=0; j < split_v; j++) {
			//Tween等の処理
		}
	}

	//OUTの場合下画像を入れる
	if (!inType) {
		backImage.image=new createjs.Bitmap(keep_mainImage).image;
	}
	//Firefox
	setTimeout(function() {
		//Ticker設定
		createjs.Ticker.setFPS(30);
		createjs.Ticker.addEventListener('tick',tick);
	},20);

}

OUTの場合下画像を入れる場所は、下に移動しているが、上でもかまわない。


この現象については、速くから判っていたので、コンテナで階層を作り、Bitmapを流し込む様な処理をしてきたが、多くの処理が重なる瞬間は例外が発生するようだ。
OUTの場合下画像を入れる処理をモット前にしても、理論的には良いように思われるが、実際には旨く行かない。最後に処理するのがベターのようです。


フウ、これで一件落着。オーイ、ビールもってこい!

 

「Firefox」は重い定評は以前からある。IEの画像処理は早かったが、「IE9」からブラウザエンジンが変更になった。この辺の影響ではないのかナ、、。または、CreateJSの処理の問題なのか、この辺は不明である。


● 実際の補正処理の例 2 (最初からTicker設定の場合)

▲[ 目次 ]

その都度Ticker設定では無く、最初からTicker設定の場合は、OUTの場合下画像を入れる処理の時に「tick」処理を停止すれば良い訳だ。この辺色々と応用可能だ!
「tick」処理を制御(停止 実行)するグローバルなフラグ(判定子)を作っておく。

グローバルなフラグ


var update=true;

任意の位置でTicker設定、判定を加える

常時 stage.update を行うので、Tickerの実行の制御は「updateフラグ」で行う。


//Ticker設定
createjs.Ticker.setFPS(30);
createjs.Ticker.addEventListener('tick',tick);

//tickステージ/update判定
function tick() {
	if (update) {
		stage.update();
	}
}

任意の位置でtickを切る、update false、少し遅延させ、下画像の処理を終えた時点でupdateを復活する。


//DRAW、アニメ
function draw() {

	略す

	//任意の位置でtickを切る
	update=false;

	略す

	//TWEENの実行
	var k=0;
	var params={};
	for (var i=0; i < split_h; i++) {
		for (var j=0; j < split_v; j++) {
			//Tween等の処理
		}
	}
	//OUTの場合下画像を入れるstage.updateはしないこと
	if (!inType) {
		backImage.image=new createjs.Bitmap(keep_mainImage).image;
	}
	//Firefox
	setTimeout(function() {
		//Ticker
		update=true;
	},50);

}

このサンプルは、次ぎのページに掲載します。


● 補正処理の要らない方法 (toDataURL()を使用しない)

▲[ 目次 ]

toDataURL()を使用しなくとも分割画像をBitmap()に変換出来る方法がある事が判明した。(CreateJSマニュアルに書いてあったが、良く判らなかった!)


1. この場合は、「一瞬画像表」示のバグが起こらない。
2. CSS3角丸処理での、画像の食み出しも起こらない。
3. Chromeでの処理が早くなった。


よってtoDataURL()を使用しない方法に切り替えたが、全てのブラウザの確認はしていない。ブラウザによっては「バグ」が出る可能性が在るかもしれない?、なんら影響はないので、「Ticker遅延」補正は残しておく。



CreateJSマニュアル、Bitmapクラス
Bitmap(Canvas)が機能する、「キャンバス要素」を直接参照できると書いてある

A Bitmap represents an Image, Canvas, or Video in the display list....................

-----------------------------------------------------

//画像分割貼り付け
var srcArr=[];//URL容器
var k=0;
for (var i=0; i < split_h; i++) {
	for (var j=0; j < split_v; j++) {

		var sliceCanvas=document.createElement("canvas");
		//大きさ重要
		sliceCanvas.setAttribute("width",chip_W[k]);
		sliceCanvas.setAttribute("height",chip_H[k]);
		var context=sliceCanvas.getContext("2d");
		//貼り付け
		context.drawImage(mainImage,.......................);
		srcArr[k]=sliceCanvas;

		k++;
	}
}

大きさ設定は、下記の方法もあるが、何となくスムーズのようである。気のせいか?


sliceCanvas.width=幅の値;
sliceCanvas.height=高さの値;

● キャンバス要素をBitmap化する

▲[ 目次 ]

画像がなくとも、Bitmap は作れるのだ。これで、色んな悩みが解決するゾ!


[ 例 ] 赤色 100x100 ボックスを描きBitmap化する。キャンバスの書き方は、html5 Canvasグラフィック操作による


//キャンバス要素
var canvas=document.createElement("canvas");
canvas.width=100;
canvas.height=100;
var ctx=canvas.getContext("2d");
ctx.fillStyle="#FF0000";
ctx.fillRect(0,0,100,100);

//CreateJS Bitmap()化
var bitmap=new createjs.Bitmap(canvas);
stage.addChild(bitmap);

-----------------------------------------------------

それに、beginBitmapFill()も出来るのだ

var box=new createjs.Shape();
box.graphics.s().beginBitmapFill(canvas).drawRoundRect(0,0,100,100,10);

すごい!

画像がなくとも、Bitmap は作れるのだ!!!


【参照】当方の記事: CreateJS Graphicsクラスの beginBitmapFill() を考える

 

マニュアルは、ヨンデモ、ワカラン!

 



 

単体では問題は無くとも、複合的に作りこむと色々問題が出る事が多い。当方のサンプルが他と比較して大きいのはそのためである(隠れている不具合を出すため)。修正などに時間がかかり、その分「酷い目」にあっている。

 

その他

DEMO専用です。使用する事は可能ですが、あくまでもテストですので個人の判断で使用下さい。画像などは各自ご用意下さい。JSの先頭部分をお読み下さい。
テストですので、勿論 間違い含有、予告無くスクリプトなど修正する場合があります、ご了承下さい。


画像分割アニメは、下記ページのものを基本に作りました。

【参照】当方の記事: CreateJS-Canvas画像分割アニメ、一括画像読み込み単純階層化、タイマー形式

wicks方式サムネールは、下記ページを参照下さい。

【参照】当方の記事: CreateJS wicks方式サムネール、LightBoxタイプ、フルサイズ表示


「tick」は画像の表示のみならず、不具合をも表示する「スグレモノ」であった。
以上です。

 


[ この記事のURL ]


 

ブログ記事一覧

年別アーカイブ一覧



[1]